Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.2. remote-viewer

remote-viewer は、SPICE および VNC に対応する簡単なリモートデスクトップディスプレイクライアントです。ほとんどの機能と制限は、virt-viewer で共有されます
ただし、virt-viewer とは異なり、remote-viewer では、リモートゲストディスプレイに接続するのに libvirt は必要ありません。そのため、remote-viewer を使用して、libvirt と対話したり SSH 接続を使用するためにパーミッションを提供しないリモートホストで仮想マシンに接続することができます。
remote-viewer ユーティリティーをインストールするには、以下を実行します。
# yum install virt-viewer

構文

基本的な remote-viewer コマンドライン構文は以下のとおりです。
# remote-viewer [OPTIONS] {guest-name|id|uuid}
remote-viewer で使用できるオプションの完全リストを表示するには、remote-viewer の man ページを参照してください。

ゲスト仮想マシンへの接続

オプションなしで使用すると、remote-viewer は、ローカルシステムのデフォルト URI で接続できるゲストを一覧表示します。
remote-viewer を使用して特定のゲストに接続するには、VNC/SPICE URI を使用します。URI の取得に関する詳細は、「グラフィック表示接続用の URI の表示」

例22.3 SPICE でゲスト表示への接続

SPICE 通信にポート 5900 を使用する「testguest」と呼ばれるマシン上の SPICE サーバーに接続します。
# remote-viewer spice://testguest:5900

例22.4 VNC を使用したゲスト表示への接続

VNC 通信にポート 5900 を使用する、仮想マシン testguest2 上の VNC サーバーに接続します。
# remote-viewer vnc://testguest2:5900

インターフェース

デフォルトでは、remote-viewer インターフェースはゲストと対話するための基本ツールのみを提供します。

図22.2 remote-viewer インターフェースの例

remote-viewer インターフェースの例

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。