22.2. remote-viewer

remote-viewer は、SPICE および VNC をサポートする単純なリモートデスクトップディスプレイクライアントです。これが持つ機能および制限の大半は、virt-viewer と共通しています。
ただし、virt-viewer とは異なり、 remote-viewer はリモートゲストのディスプレイに接続する際に libvirt を必要としません。そのため、remote-viewer は libvirt との対話または SSH 接続の使用に必要な権限を提供しないリモートホスト上の仮想マシンに接続する場合などに使用できます。
remote-viewer ユーティリティーをインストールするには、以下を実行します。
# sudo yum install virt-viewer

構文

基本的な remote-viewer コマンドライン構文は以下のようになります。
# remote-viewer [OPTIONS] {guest-name|id|uuid}
remote-viewer で使用できるオプションの詳細の一覧については、remote-viewer man ページを参照してください。

ゲスト仮想マシンへの接続

オプションを指定せずに使用される場合、remote-viewer はローカルシステムのデフォルトの URI で接続できるゲストを一覧表示します。
remote-viewer を使用して特定のゲストに接続するには、VNC/SPICE URI を使用します。URI の取得方法についての詳細は、「グラフィカル表示への接続用の URI を表示」 を参照してください。

例22.3 SPICE を使用したゲストディスプレイへの接続

以下を使用して、「testguest」というマシン上の SPICE サーバーに接続します。ここでは SPICE 通信にポート 5900 が使用されています。
# remote-viewer spice://testguest:5900

例22.4 VNC を使用したゲストディスプレイへの接続

以下を使用して、testguest2 というマシン上の VNC サーバーに接続します。ここでは VNC 通信にポート 5900 が使用されます。
# remote-viewer vnc://testguest2:5900

インタフェース

デフォルトで、remote-viewer インターフェースはゲストとの対話に使用する基本的なツールのみを提供します。
remote-viewer インターフェースの例

図22.2 remote-viewer インターフェースの例