Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.4. virsh Connect を使用したハイパーバイザーへの接続

virsh connect [hostname-or-URI] [--readonly] コマンドは、virsh を使用してローカルのハイパーバイザーセッションを開始します。このコマンドを初めて実行すると、virsh シェルが実行するたびに自動的に実行されます。ハイパーバイザー接続 URI は、ハイパーバイザーへの接続方法を指定します。最も一般的に使用される URI は以下のとおりです。
  • qemu:///system - KVM ハイパーバイザーのゲスト仮想マシンを監視するデーモンに、root ユーザーとしてローカルに接続します。
  • qemu:///session - KVM ハイパーバイザーを使用して、ユーザーのゲストローカルマシンセットに、ユーザーとしてローカルに接続します。
  • lxc:/// - ローカルの Linux コンテナーに接続します。
このコマンドは、次のように、マシン名(hostname)またはハイパーバイザーの URL(virsh uri コマンドの出力)のいずれかで指定されているターゲットゲストを指定して実行できます。
$ virsh uri
qemu:///session
たとえば、一連のゲスト仮想マシンに接続するセッションを確立するには、ユーザーをローカルユーザーにします。
$ virsh connect qemu:///session
読み取り専用接続を開始するには、上記のコマンドに --readonly を追加します。URI の詳細は、リモート URI を参照してください。URI がわからない場合は、virsh uri コマンドを実行すると以下のようなメッセージが表示されます。