Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.4. virsh Connect を使用したハイパーバイザーへの接続

この virsh connect [hostname-or-URI] [--readonly] コマンドは、virsh を使用してローカルハイパーバイザーセッションを開始します。このコマンドを初めて実行すると、virsh シェルが実行されるたびに自動的に実行されます。ハイパーバイザーの接続 URI は、ハイパーバイザーへの接続方法を指定します。最も一般的に使用される URI は次のとおりです。
  • qemu:///system - KVM ハイパーバイザー上のゲスト仮想マシンに、root ユーザーとしてローカルに接続します。
  • qemu:///session - KVM ハイパーバイザーを使用して、ユーザーがローカルでゲストのローカルマシンのセットに接続します。
  • lxc:/// - ローカルの Linux コンテナーに接続します。
以下に示すように、このコマンドは以下のように、そのマシン名(ホスト名)またはハイパーバイザーの URL( virsh uri コマンドの出力)のいずれかで、以下のように指定できます。
$ virsh uri
qemu:///session
たとえば、ローカルユーザーで、ゲスト仮想マシンのセットに接続するためのセッションを確立するには、以下を実行します。
$ virsh connect qemu:///session
読み取り専用接続を開始するには、上記のコマンドを --readonly に追加します。URI の詳細は リモート URI を参照してください。URI が不明な場合は、virsh uri コマンドでそれが表示されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。