Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.40. ゲスト仮想マシンの CPU モデル設定

20.40.1. はじめに

すべてのハイパーバイザーには、ゲスト仮想マシンがデフォルトで CPU に表示するものに関する独自のポリシーがあります。一部のハイパーバイザーは、ゲスト仮想マシンで使用できる CPU ホスト物理マシンの機能を決定します。一方、QEMU/KVM は、ゲスト仮想マシンを、qemu32 または qemu64 という名前の一般的なモデルで表示します。このようなハイパーバイザーは、より高度なフィルタリングを実行し、すべての物理 CPU を少数のグループに分類し、ゲスト仮想マシンに提示される各グループに対してベースライン CPU モデルを 1 つ用意します。このような動作により、ホストの物理マシン間でゲスト仮想マシンを安全に移行できます。ただし、ゲスト仮想マシンすべてに、同じグループに分類される物理 CPU がある場合に限ります。libvirt は通常、ポリシー自体を適用せず、より高いレイヤーで必要なポリシーを定義するメカニズムを提供します。ホストの物理マシン間でゲスト仮想マシンの移行が正常に実行されるようにするには、CPU モデル情報を取得し、適切なゲスト仮想マシンの CPU モデルを定義する方法を理解することが重要になります。ハイパーバイザーは、認識している機能のみをエミュレートでき、ハイパーバイザーがリリースされてから作成された機能はエミュレートできない場合がある点に注意してください。