Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.3. GNOME Boxes

Box は、仮想マシンおよびリモートシステムを表示し、アクセスするために使用される軽量のグラフィカルデスクトップ仮想化ツールです。
virt-viewer および remote-viewer とは異なり、Boxes ではゲスト仮想マシンを表示できますが、virt-manager と同様に作成および設定が可能ですしかし、virt-manager と比較すると、Box は管理オプションや機能が少なくなっていますが、より使いやすくなります。
Boxes をインストールするには、以下を実行します。
# yum install gnome-boxes
ApplicationsSystem Tools で Boxes を開きます。
メイン画面では、利用可能なゲスト仮想マシンが表示されます。画面の右側には、以下の 2 つのボタンがあります。
  • The search button, a magnifying glass. - 検索ボタン(検索ボタン)は、名前でゲスト仮想マシンを検索します。
  • The selection button, a tick. - 選択ボタン。
選択ボタンをクリックすると、個別に操作を実行したり、グループとして実行するためにゲスト仮想マシンを 1 つ以上選択できます。利用可能な操作は、操作バーの画面下部に表示されます。

図22.3 Operations Bar

操作バー。右から左揃え(お気に入り、一時停止、削除、プロパティー)
実行できる 4 つの操作があります。
  • お気に入り: 選択したゲスト仮想マシンに心配することなく、ゲスト一覧の上部にある中核を外します。これは、ゲストの数の増加にくると便利です。
  • pause: 選択したゲスト仮想マシンの実行を停止します。
  • 削除: 選択したゲスト仮想マシンを削除します。
  • Properties: 選択したゲスト仮想マシンのプロパティーを表示します。
メインの画面の左側にある New ボタンを使用して新規ゲスト仮想マシンを作成します。

手順22.1 Boxes での新規ゲスト仮想マシンの作成

  1. 新規作成をクリックします。

    これにより、Introduction 画面が開きます。Continue をクリックします

    図22.4 概要画面

    導入画面では「Box の作成」と、既存のログインから別のオペレーティングシステムを直接使用できます。ネットワーク経由で既存のマシンに接続するか、または独自にローカルに実行する仮想マシンを作成できます。
  2. ソースの選択

    ソースの選択 画面には、以下の 3 つのオプションがあります。
    • 利用可能なメディア: 即座に利用できるインストールメディアが表示されます。これらをクリックすると、レビュー 画面に直接表示されます。
    • URL : URL に入力し、ローカル URI または ISO ファイルへのパスを指定します。これは、リモートマシンにアクセスするのにも使用できます。アドレスはprotocol://IPaddress?port のパターンに従います。以下に例を示します
      spice://192.168.122.1?port=5906;
      プロトコルには spice://qemu://、を指定できます。 vnc://
    • ファイルの選択: ファイルディレクトリーを開いて、インストールメディアを手動で検索します。

    図22.5 ソースの選択画面

    ソース選択画面には、利用可能な .iso ファイルと、URL を入力するか、手動でファイルを選択するオプションが表示されます。
  3. 詳細情報

    Review 画面には、ゲスト仮想マシンの詳細を表示します。

    図22.6 画面の確認

    Review 画面に、新規ゲスト仮想マシンのメモリーおよびディスクサイズが表示されます。
    この詳細をそのままにすることもできます。この場合は、最終ステップに進みます。
  4. オプション: 詳細をカスタマイズする

    Customize をクリックすると、メモリーやディスクサイズなどのゲスト仮想マシンの設定を調整できます。

    図22.7 カスタマイズ画面

    カスタマイズ画面には、メモリーおよびディスクサイズのスライダーバーが表示されます。
  5. create

    Create をクリックします。新規ゲスト仮想マシンが開きます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。