Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.3. GNOME Boxes

Boxes は、仮想マシンおよびリモートシステムの表示およびアクセスに使用される軽量なグラフィカルデスクトップ仮想化ツールです。
virt-viewer および remote-viewer とは異なり、Boxes では virt-manager と同様に、ゲスト仮想マシンの表示だけでなく、ゲスト仮想マシンの作成および設定も行えます。ただし、virt-manager と比較すると、Boxes では、管理オプションおよび機能が少なくなりますが、使用しやすくなります。
Boxes をインストールするには、以下を実行します
# yum install gnome-boxes
ApplicationsSystem Tools で Boxes を開きます。
メイン画面には、利用可能なゲスト仮想マシンが表示されます。画面の右側には、以下の 2 つのボタンがあります。
  • The search button, a magnifying glass. - 検索ボタン (名前でゲスト仮想マシンを検索) および
  • The selection button, a tick. - 選択ボタン
選択ボタンをクリックすると、1 つ以上のゲスト仮想マシンを選択でき、操作を個別に、またはグループとして実行できます。利用可能な操作は、操作バーの画面下部に表示されます。

図22.3 操作バー

操作バー。左から右へ:favorite、pause、delete、properties。
実行可能な操作は、以下の 4 つです。
  • favorite: 選択したゲスト仮想マシンに中心となるものを追加し、ゲストのリストの先頭に移動します。これは、ゲストの数が増えるにつれ、非常に役に立ちます。
  • pause: 選択したゲスト仮想マシンは実行を停止します。
  • 削除: 選択したゲスト仮想マシンを削除します。
  • プロパティー: 選択したゲスト仮想マシンのプロパティーを表示します。
メイン画面の左側にある New ボタンを使用して、新しいゲスト仮想マシンを作成します。

手順22.1 Boxes を使用した新しいゲスト仮想マシンの作成

  1. New をクリックします。

    これにより、Introduction 画面が開きます。Continue をクリックします。

    図22.4 Introduction 画面

    Introduction 画面に、"Creating a Box will allow you to use another operating system directly from your existing login.ネットワーク経由で既存のマシンに接続するか、または独自のローカルで実行される仮想マシンを作成できます。
  2. ソースの選択

    Source Selection 画面には、3 つのオプションがあります。
    • 利用可能なメディア:すぐに利用可能なインストールメディアが表示されます。いずれかをクリックすると、Review 画面が表示されます。
    • URL の入力:URL にタイプし、ローカルの URI または ISO ファイルへのパスを指定します。これは、リモートマシンへのアクセスにも使用できます。このアドレスは、protocol://IPaddress?port; のパターンに従います。以下に例を示します。
      spice://192.168.122.1?port=5906;
      プロトコルは、spice://qemu://、または vnc:// になります。
    • ファイルの選択:ファイル ディレクトリーを開いて、インストールメディアを手動で検索します。

    図22.5 Source Selection 画面

    ソース選択画面。利用可能な .iso ファイルと、URL を入力するか、手動でファイルを選択するオプションが表示されます。
  3. 詳細の確認

    Review 画面には、ゲスト仮想マシンの詳細が表示されます。

    図22.6 Review 画面

    Review 画面。新しいゲスト仮想マシンのメモリーとディスクサイズを表示します。
    これらの詳細はそのままにしておくことができます。その場合は、最終ステップに進むか、次のようにします。
  4. 必要に応じて、詳細をカスタマイズします。

    Customize をクリックすると、メモリーやディスクサイズなど、ゲスト仮想マシンの設定を調整できます。

    図22.7 Customization 画面

    カスタマイズ画面。メモリーおよびディスクサイズのスライダーバーが表示されます。
  5. Create

    作成 をクリックします。新しいゲスト仮想マシンが開きます。