Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.6. virt-manager での移行

本セクションでは、virt-manager のあるホストの物理マシンから別のマシンに搭載された KVM ゲスト仮想マシンの移行について説明します。
  1. ターゲットホスト物理マシンへの接続

    virt-manager インターフェース で、File メニューを選択してターゲットホスト物理マシンに接続し、Add Connection をクリックします。
  2. 接続の追加

    Add Connection ウインドウが表示されます。

    図15.1 ターゲットホスト物理マシンへの接続の追加

    ターゲットホスト物理マシンへの接続の追加
    以下の情報を入力します。
    • ハイパーバイザー: QEMU/KVM を選択します。
    • method: コネクションメソッドを選択します。
    • Username: リモートホストの物理マシンのユーザー名を入力します。
    • hostname: リモートホストの物理マシンのホスト名を入力します。
    注記
    接続オプションの詳細は、「リモート接続の追加」 を参照してください。
    Connect をクリックします。この例では SSH 接続が使用されるため、指定したユーザーのパスワードは次の手順で入力する必要があります。

    図15.2 パスワードの入力

    パスワードの入力
  3. 共有ストレージの設定

  4. ゲスト仮想マシンの移行

    移行するゲストを右クリックし、Migrate をクリックします。
    New Host フィールドで、ドロップダウンリストを使用してゲスト仮想マシンを移行するホストの物理マシンを選択し、Migrate をクリックします。

    図15.3 移行先ホスト物理マシンの選択と移行プロセスの開始

    移行先ホスト物理マシンの選択と移行プロセスの開始
    進捗ウィンドウが表示されます。

    図15.4 進捗ウィンドウ

    進捗ウィンドウ
    移行が問題なく終了すると、virt-manager は移行先ホストで実行している新たに移行されたゲスト仮想マシンを表示します。

    図15.5 移行先ホスト物理マシンで実行されているゲスト仮想マシンの移行

    移行先ホスト物理マシンで実行されているゲスト仮想マシンの移行

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。