Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

17.5. ルーティングモード

Routed モードを使用する場合は、仮想スイッチは、ホストの物理マシンに接続された物理 LAN に接続し、NAT を使用せずにトラフィックを送受信します。仮想スイッチは、すべてのトラフィックを調べ、ネットワークパケットに含まれる情報を使用して、ルーティングの決定を行うことができます。このモードを使用すると、仮想マシンはすべて自身のサブネットにあり、仮想スイッチを介してルーティングされます。この状況は、物理ネットワークにある他のホストの物理マシンは、手動の物理ルーター設定がないことを認識しないため、常に理想的ではなく、仮想マシンにアクセスできません。ルーティングモードは、OSI ネットワークモデルのレイヤー 3 で動作します。

図17.5 ルーティングモードの仮想ネットワークスイッチ

ルーティングモードの仮想ネットワークスイッチ

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。