Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.3. USB デバイス

本セクションでは、USB デバイスを扱うために必要なコマンドについて説明します。

16.3.1. ゲスト仮想マシンへの USB デバイスの割り当て

Web カメラ、カードリーダー、ディスクドライブ、キーボード、マウスなどのほとんどのデバイスは、USB ポートとケーブルを使用してコンピュータに接続されています。このようなデバイスをゲスト仮想マシンに渡すには、以下の 2 つの方法があります。
  • USB パススルーを使用する - これにより、デバイスが、ゲスト仮想マシンをホストしているホストの物理マシンに物理的に接続されます。この場合は SPICE は必要ありません。ホストの USB デバイスは、コマンドラインまたはvirt-manager でゲストに渡すことができます。virt manager の指示については、「ゲスト仮想マシンへの USB デバイスの接続」 を参照してください。virt-managerの指示は、ホットプラグやホットアンプラグのデバイスには適していないことに注意してください。ホットプラグ/ホットアンプラグを行う場合は、手順20.4「ゲスト仮想マシンが使用するホットプラグ USB デバイス」 を参照してください。
  • USB リダイレクトの使用 - USBリダイレクトは、データセンターで実行されているホスト物理マシンがある場合に最適です。ユーザーは、ローカルマシンまたはシンクライアントからゲスト仮想マシンに接続します。このローカルマシンには SPICE クライアントがあります。ユーザーは、任意の USB デバイスをシンクライアントに接続できます。SPICE クライアントは、デバイスをデータセンターのホスト物理マシンにリダイレクトするため、シンクライアントで実行しているゲスト仮想マシンで使用できます。virt-manager を使用した手順は、「USB リダイレクト」 を参照してください。