仮想化の導入および管理ガイド

Red Hat Enterprise Linux 7

Red Hat Enterprise Linux 物理マシン上での仮想マシンのインストール、設定および管理

Jiri Herrmann

Red Hat Customer Content Services

Yehuda Zimmerman

Red Hat Customer Content Services

Laura Novich

Red Hat Customer Content Services

Dayle Parker

Red Hat Customer Content Services

Scott Radvan

Red Hat Customer Content Services

Tahlia Richardson

Red Hat Customer Content Services

概要

本書では、Red Hat Enterprise Linux 7 マシンを設定して仮想ホストシステムとして動作させる方法と、KVM ハイパーバイザーを使用してゲスト仮想マシンをインストールおよび設定する方法について説明します。さらに、PCI デバイス設定、SR-IOV、ネットワーク設定、ストレージ、デバイスおよびゲスト仮想マシンの管理、トラブルシューティング、互換性、および制限についても説明します。ゲスト仮想マシンで実行する必要がある手順は、明確に示されています。

重要

本書に記載されているすべての手順は、特に明記しない限り、AMD64 または Intel 64 ホストマシン上での実行を目的としています。AMD64 および Intel 64 以外のアーキテクチャーで Red Hat Enterprise Linux 7 の仮想化を使用する場合は、付録B 複数のアーキテクチャー上での KVM 仮想化の使用 を参照してください。
Red Hat が提供する仮想化ソリューションの概説については、『Red Hat Enterprise Linux 7 仮想化スタートガイド』を参照してください。