20.25. ゲストコンソールのスクリーンショット

virsh screenshot guestname [imagefilepath] コマンドは、現在のゲスト仮想マシンコンソールのスクリーンショットを撮り、これをファイルに保存します。ファイルパスが提供されない場合は、現行ディレクトリーにスクリーンショットが保存されます。ハイパーバイザーが 1 つのゲスト仮想マシンの複数の表示に対応している場合、--screen screenID オプションを使用すると、キャプチャーする画面を指定できます。

例20.52 ゲストマシンのコンソールのスクリーンショット撮影

以下の例では、guest1 マシンのコンソールのスクリーンショットを撮り、/home/username/pics/guest1-screen.png として保存します。
virsh screenshot guest1 /home/username/pics/guest1-screen.ppm
Screenshot saved to /home/username/pics/guest1-screen.ppm, with type of image/x-portable-pixmap