Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.2. ストレージプールの使用

本セクションでは、仮想マシンでストレージプールを使用する方法を説明します。概念的な情報 に加えて、virsh コマンドと Virtual Machine Manager を使用してストレージプールを 作成設定、および削除 するための詳細な手順を提供します。

13.2.1. ストレージプールの概念

ストレージプールは、仮想マシンにストレージを提供するために、libvirt が管理するファイル、ディレクトリー、またはストレージデバイスです。ストレージプールは、仮想マシンイメージを保存するストレージボリュームに分割されるか、追加のストレージとして仮想マシンに割り当てられます。複数のゲストで同じストレージプールを共有できるため、ストレージリソースの割り当てを改善できます。
ストレージプールは、ローカルまたはネットワークベース (共有) にできます。
ローカルストレージのプール
ローカルストレージプールは、ホストサーバーに直接割り当てることができます。これには、ローカルデバイスのローカルディレクトリー、直接接続したディスク、物理パーティション、および論理ボリューム管理 (LVM) ボリュームグループが含まれます。ローカルストレージプールは、移行や大量の仮想マシンを必要としない開発、テスト、および小規模なデプロイメントに役立ちます。ローカルストレージプールは、ライブマイグレーションに使用できないため、多くの実稼働環境には適していない場合があります。
ネットワーク (共有) ストレージプール
ネットワークストレージプールには、標準プロトコルを使用してネットワーク経由で共有されるストレージデバイスが含まれます。virt-manager を使用してホスト間で仮想マシンを移行する場合はネットワークストレージが必要ですが、virsh を使用して移行する場合は任意です。
仮想マシンの移行の詳細は、15章KVM の移行 を参照してください。
以下は、Red Hat Enterprise Linux が対応しているストレージプールのタイプの一覧です。
  • ディレクトリーベースのストレージプール
  • ディスクベースのストレージプール
  • パーティションベースのストレージプール
  • GlusterFS ストレージプール
  • iSCSI ベースのストレージプール
  • LVM ベースのストレージプール
  • NFS ベースのストレージプール
  • SCSI デバイスを使用した vHBA ベースのストレージプール
以下は、Red Hat Enterprise Linux で対応していないlibvirtストレージプールタイプの一覧です。
  • マルチパスベースのストレージプール
  • RBD ベースのストレージプール
  • sheepdog ベースのストレージプール
  • vstorage ベースのストレージプール
  • ZFS ベースのストレージプール
注記
対応していないストレージプールタイプの一部は、Virtual Machine Manager インターフェースに表示されます。ただし、これを使用することはできません。