Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

19.7. スナップショットの管理

virt-manager を使用すると、ゲスト スナップショット の作成、実行、削除が可能です。スナップショットは、単一時点におけるゲストのハードディスク、メモリー、およびデバイス状態の保存したイメージです。スナップショットの作成後に、ゲストはスナップショットの設定にいつでも返すことができます。
重要
他の仮想化ツールで処理する場合は、より柔軟で信頼性が高くなるので、Red Hat は外部スナップショットを使用することを推奨します。ただし、現在、virt-manager で外部スナップショットを作成することはできません。
外部スナップショットを作成するには、--diskspec vda,snapshot=external オプションを指定して virsh snapshot-create-as コマンドを使用します。詳細は、「libvirt を使用した外部スナップショットの作成の回避策」 を参照してください。
  • virt-manager でスナップショットを管理するには、ゲストコンソールで をクリックしてスナップショット管理インターフェースを開きます。
  • 新規スナップショットを作成するには、スナップショット一覧で をクリックします。スナップショット作成インターフェースで、スナップショットの名前を入力し、必要に応じて説明を入力し、Finish をクリックします。
  • ゲストをスナップショットの設定に戻すには、スナップショットを選択してクリックします。
  • 選択したスナップショットを削除するには、
警告
仮想マシンの実行中( ライブスナップショットとも呼ばれる)の実行中にスナップショットの作成および読み込みは、qcow2 ディスクイメージでのみサポートされます。
より詳細なスナップショット管理を行う場合には、virsh snapshot-create コマンドを使用します。virsh を使用したスナップショットの管理に関する詳細は、「スナップショットの管理」 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。