Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

17.15. トンネルの作成

このセクションでは、複数の異なるトンネルを使用したシナリオを実施する方法について説明します。

17.15.1. マルチキャストトンネルの作成

マルチキャストグループは、仮想ネットワークを表すよう設定されます。同じマルチキャストグループにあるネットワークデバイスを持つゲスト仮想マシンは、ホストの物理マシン全体でも相互に通信できます。このモードは、特権のないユーザーでも利用することができます。デフォルトの DNS または DHCP サポートがなく、送信ネットワークアクセスはありません。発信ネットワークアクセスを提供するには、いずれかのゲスト仮想マシンが最初の 4 つのネットワーク種別のいずれかに接続されている 2 つ目の NIC を持っている必要があるため、適切なルーティングが可能になります。マルチキャストプロトコルは、ゲスト仮想マシンユーザーモードに対応しています。指定するソースアドレスは、マルチキャストアドレスブロックに使用されるアドレスからなければならないことに注意してください。
マルチキャストトンネルを作成するには、以下の XML の詳細を <devices> 要素に配置します。

図17.28 マルチキャストトンネルドメイン XMl の例

      
  ...
  <devices>
    <interface type='mcast'>
      <mac address='52:54:00:6d:90:01'>
      <source address='230.0.0.1' port='5558'/>
    </interface>
  </devices>
  ...


17.15.2. TCP トンネルの作成

TCP クライアントサーバーアーキテクチャーは、仮想ネットワークを提供します。この設定では、1 つのゲスト仮想マシンが、その他のすべてのゲスト仮想マシンがクライアントとして設定されているにも、ネットワークのサーバー側が終了します。すべてのネットワークトラフィックは、ゲスト仮想マシンサーバーを介してゲスト仮想マシンクライアント間でルーティングされます。このモードは、特権のないユーザーでも利用することができます。このモードは、デフォルトの DNS または DHCP のサポートを提供しないため、送信ネットワークアクセスを提供しないことに注意してください。発信ネットワークアクセスを提供するには、いずれかのゲスト仮想マシンが最初の 4 つのネットワーク種別のいずれかに接続されている 2 つ目の NIC を持っている必要があるため、適切なルーティングが可能になります。
TCP トンネルを作成するには、以下の XML の詳細を <devices> 要素に配置します。

図17.29 TCP トンネルドメイン XMl の例

      
       ...
  <devices>
    <interface type='server'>
      <mac address='52:54:00:22:c9:42'>
      <source address='192.168.0.1' port='5558'/>
    </interface>
    ...
    <interface type='client'>
      <mac address='52:54:00:8b:c9:51'>
      <source address='192.168.0.1' port='5558'/>
    </interface>
  </devices>
  ...