11.3. SPICE エージェント

SPICE エージェントは、ゲストオペレーティングシステムを SPICE クライアントに統合することで、virt-manager などのグラフィカルアプリケーションをよりスムーズに実行できるようにします。
たとえば、virt-manager でウィンドウのサイズを変更する場合、SPICE エージェントは、クライアントの解像度に対する X セッションの解像度の自動調整を可能にします。また SPICE エージェントはホストとゲスト間のコピーアンドペーストのサポートを提供し、マウス操作とカーソル操作のずれの発生を防ぎます。
SPICE エージェントの各種機能に関するシステム固有の情報については、spice-vdagent パッケージの README ファイルを参照してください。

11.3.1. SPICE エージェントとホスト間の通信設定

SPICE エージェントは実行中またはシャットダウンした仮想マシンで設定できます。実行中のゲストに設定される場合、ゲストはゲストエージェントをすぐに使用し始めます。ゲストがシャットダウンしている場合は、SPICE エージェントが次回の起動時に有効にされます。
ゲストと SPICE エージェント間で通信を設定するには、virshまたは virt-manager を使用できます。以下に、SPICE エージェントを Linux ゲストで設定する方法を説明します。

手順11.4 Linux ゲストで virsh を使用したゲストエージェントとホスト間の通信設定

  1. 仮想マシンをシャットダウンします。

    SPICE エージェントを設定する前に、仮想マシン (この例では rhel7) がシャットダウンしていることを確認します。
    # virsh shutdown rhel7 
  2. SPICE エージェントチャンネルをゲスト XML 設定に追加します。

    SPICE エージェントの詳細を追加できるようゲストの XML ファイルを編集します。
    # virsh edit rhel7
    以下をゲストの XML ファイルに追加し、変更を保存します。
    <channel type='spicevmc'>
       <target type='virtio' name='com.redhat.spice.0'/>
    </channel>
  3. 仮想マシンを起動します。

    # virsh start rhel7
  4. ゲストに SPICE エージェントをインストールします。

    SPICE エージェントがゲスト仮想マシンにまだインストールされていない場合は、これをインストールします。
    # yum install spice-vdagent
  5. ゲスト内の SPICE エージェントを起動します。

    ゲスト内の SPICE エージェントサービスを起動します。
    # systemctl start spice-vdagent
別の方法として、以下のステップに従って SPICE エージェントを実行中のゲストで設定することもできます。

手順11.5 実行中の Linux ゲストでの SPICE エージェントとホスト間の通信設定

  1. SPICE エージェントの XML ファイルを作成します。

    # cat agent.xml
    <channel type='spicevmc'>
       <target type='virtio' name='com.redhat.spice.0'/>
    </channel>
  2. SPICE エージェントを仮想マシンに割り当てます。

    以下のコマンドを実行して、SPICE エージェントを実行中の仮想マシン (この例では rhel7) に割り当てます。
    # virsh attach-device rhel7 agent.xml
  3. ゲストに SPICE エージェントをインストールします。

    SPICE エージェントがゲスト仮想マシンにまだインストールされていない場合は、これをインストールします。
    # yum install spice-vdagent
  4. ゲスト内の SPICE エージェントを起動します。

    ゲスト内の SPICE エージェントサービスを起動します。
    # systemctl start spice-vdagent

手順11.6 virt-manager を使用した SPICE エージェントとホスト間の通信設定

  1. 仮想マシンをシャットダウンします。

    SPICE エージェントの設定前に仮想マシンがシャットダウンしていることを確認します。
    仮想マシンをシャットダウンするには、Virtual Machine Manager の仮想マシンの一覧からシャットダウンする仮想マシンを選択し、メニューバーにあるスイッチアイコンをクリックします。
  2. SPICE エージェントチャンネルをゲストに追加します。

    ゲストウインドウの上部にある電球アイコンをクリックして仮想マシンのハードウェアの詳細画面を開きます。
    ハードウェアを追加 ボタンをクリックして 新しい仮想ハードウェアを追加 ウインドウを開き、チャンネル を選択します。
    名前 ドロップダウンリストから SPICE エージェントを選択し、チャンネルアドレスを編集して 完了 をクリックします。
    SPICE エージェントチャンネルデバイスの選択

    図11.2 SPICE エージェントチャンネルデバイスの選択

  3. 仮想マシンを起動します。

    仮想マシンを起動するには、Virtual Machine Manager の仮想マシンのリストから起動する仮想マシンを選択し、メニューバーの をクリックします。
  4. ゲストに SPICE エージェントをインストールします。

    virt-manager でゲストを開き、SPICE エージェントがゲスト仮想マシンにまだインストールされていない場合は、インストールします。
    # yum install spice-vdagent
  5. ゲスト内の SPICE エージェントを起動します。

    ゲスト内の SPICE エージェントサービスを起動します。
    # systemctl start spice-vdagent
SPICE エージェントが rhel7 仮想マシンに設定されました。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。