Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第5章 KVM 準仮想化(virtio)ドライバー

準仮想化ドライバーはゲストのパフォーマンスを向上し、ゲスト I/O レイテンシーを下げ、ベアメタルレベルまでほぼスループットを増加させます。I/O 負荷の高いタスクとアプリケーションを実行する完全に仮想化ゲストには、準仮想化ドライバーを使用することが推奨されます。
virtio ドライバーは、KVM ホスト上で実行されるゲスト仮想マシンで利用可能な KVM の準仮想化デバイスドライバーです。これらのドライバーは virtio パッケージに含まれます。virtio パッケージは、ブロック(ストレージ)デバイスおよびネットワークインターフェースコントローラーをサポートします。
注記
PCI デバイスは、仮想化システムのアーキテクチャーによって制限されます。割り当てられたデバイスを使用する場合には、16章ゲストマシンデバイスの設定 で確認してください。

5.1. 既存のストレージデバイスでの KVM virtio ドライバーの使用

仮想化 IDE ドライバーの代わりに virtio ドライバーを使用するように、ゲストにアタッチされた既存のハードディスクデバイスを変更できます。本セクションの例では、libvirt 設定ファイルを編集します。ゲスト仮想マシンは、この手順を実行するためにシャットダウンする必要はありませんが、ゲストが完全にシャットダウンし、再起動されるまで変更は適用されません。

手順5.1 既存デバイスでの KVM virtio ドライバーの使用

  1. この手順を続行する前に、適切なドライバー(viostor)がインストールされていることを確認してください。
  2. root で virsh edit guestname コマンドを実行し、デバイスの XML 設定ファイルを編集します。たとえば、virsh edit guest1 のようになります。設定ファイルは /etc/libvirt/qemu/ ディレクトリーにあります。
  3. 以下は、仮想化 IDE ドライバーを使用するファイルベースのブロックデバイスです。これは、virtio ドライバーを使用しない仮想マシンの典型的なエントリーです。
    <disk type='file' device='disk'>
    	 ...
       <source file='/var/lib/libvirt/images/disk1.img'/>
       <target dev='hda' bus='ide'/>
    	 <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x07' function='0x0'/>
    </disk>
  4. bus= エントリーを virtio に変更して、virtio デバイスを使用するようにエントリーを変更します。ディスクが以前に IDE である場合、hda、hdb、または hdc と同様のターゲットがあることにも注意して くださいbus=virtio に変更するには、ターゲットを vdavdb、または vdc に変更する必要があります。
    <disk type='file' device='disk'>
       ...
       <source file='/var/lib/libvirt/images/disk1.img'/>
       <target dev='vda' bus='virtio'/>
    	 <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x07' function='0x0'/>
    </disk>
  5. ディスク タグ内の アドレス タグを削除します。この手順は、機能するために行う必要があります。libvirt は、次回仮想マシンの起動時に アドレス タグを適切に再生成します。
あるいは、virt-managervirsh attach-disk、または virsh attach-interface に、virtio ドライバーを使用して、新しいデバイスを追加できます。
Virtio の使用に関する詳細は、libvirt の Web サイトを参照してください。 http://www.linux-kvm.org/page/Virtio

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。