Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.2. 移行の要件と制限事項

KVM 移行を使用する前に、システムが移行の要件を満たしていることを確認し、その制限事項について理解しておく必要があります。

移行の要件

  • 次のいずれかのプロトコルを使用してゲスト仮想マシンを共有ストレージにインストールする場合:
    • ファイバーチャネルベースの LUN
    • iSCSI
    • NFS
    • GFS2
    • SCSI RDMA プロトコル(SCSI RCP): Infiniband および 10GbE iWARP アダプターで使用されるブロックエクスポートプロトコル。
  • libvirtd サービスが有効で、実行していることを確認します。
    # systemctl enable libvirtd.service
    # systemctl restart libvirtd.service
  • 効果的 に移行する機能は、/etc/libvirt/libvirtd.conf ファイルのパラメーター設定により異なります。このファイルを編集するには、以下の手順に従います。

    手順15.1 libvirtd.conf の設定

    1. libvirtd.conf を開くには、root でコマンドを実行する必要があります。
      # vim /etc/libvirt/libvirtd.conf
    2. 必要に応じてパラメーターを変更し、ファイルを保存します。
    3. libvirtd サービスを再起動します。
      # systemctl restart libvirtd
  • 移行プラットフォームおよびバージョンについて確認する必要があります。 表15.1「ライブマイグレーションの互換性」
  • 共有ストレージメディアをエクスポートする別のシステムを使用します。ストレージは、移行に使用する 2 つのホストの物理マシンのいずれかには存在すべきではありません。
  • 共有ストレージは、移行元および宛先システムの同じ場所にマウントする必要があります。マウントされたディレクトリー名は同一でなければなりません。異なるパスを使用してイメージを維持することは可能ですが、推奨されません。virt-manager を使用して移行を行う予定の場合には、パス名が同じでなければなりません。virsh を使用して移行を行う予定の場合は、--xml オプションまたは pre-hooks のヘルプとともに、異なるネットワーク設定とマウントディレクトリーを使用できます。プレホックの詳細は、libvirt のアップストリームドキュメントおよび XML オプションの詳細については、23章ドメイン XML の操作
  • パブリックブリッジ+tap ネットワークの既存のゲスト仮想マシンで移行を試行する場合、移行元および移行先ホストマシンが同じネットワークにある必要があります。そうでない場合は、移行後にゲスト仮想マシンのネットワークが動作しません。

移行の制限

  • ゲスト仮想マシンの移行には、KVM に基づく仮想化技術を使って Red Hat Enterprise Linux 上で使用する場合に以下の制限が適用されます。
    • ポイントツーポイントの移行 – 移行元のハイパーバイザーから移行先ハイパーバイザーを指定するために手動で実行する必要があります。
    • 検証またはロールバックは利用できません。
    • ターゲットの決定は手動でしか行うことができません
    • ストレージの移行は Red Hat Enterprise Linux 7™ ではライブで実行できませんが、ゲスト仮想マシンが切れている間はストレージを移行できます。ライブマイグレーションは Red Hat Virtualization™ で利用できます。詳細は、サービス担当者を呼び出します。
注記
virtio デバイスを持つゲストマシンを移行する場合は、いずれかのプラットフォームの virtio デバイスでベクター数を 32 以下に設定する必要があります。「devices」

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。