15.2. 移行の要件と制限事項

KVM 移行を使用する前に、システムが移行の要件を満たしていることを確認し、その制限事項について理解しておく必要があります。

移行の要件

  • 次のいずれかのプロトコルを使用してゲスト仮想マシンを共有ストレージにインストールする場合:
    • ファイバーチャネルベースの LUN
    • iSCSI
    • NFS
    • GFS2
    • SCSI RDMA プロトコル (SCSI RCP): Infiniband および 10GbE iWARP アダプターで使用されているブロックエクスポートプロトコル
  • libvirtd サービスが有効で実行されていることを確認してください。
    # systemctl enable libvirtd.service
    # systemctl restart libvirtd.service
  • 効果的に移行を実行できるかどうかは、/etc/libvirt/libvirtd.conf ファイルのパラメーターの設定によります。このファイルを設定するには、次の手順にしたがいます。

    手順15.1 libvirtd.conf の設定

    1. libvirtd.conf を開くには、root としてコマンドを実行する必要があります。
      # vim /etc/libvirt/libvirtd.conf
    2. 必要に応じてパラメーターを変更し、ファイルを保存します。
    3. libvirtd サービスを再起動します。
      # systemctl restart libvirtd
  • 移行のプラットフォームとバージョンを 表15.1「ライブマイグレーションの互換性」 と照らし合わせてチェックする必要があります。
  • 共有ストレージメディアをエクスポートする別のシステムを使用します。ストレージは、移行に使用する 2 つのホスト物理マシンのいずれにもないことを確認してください。
  • 共有ストレージは、移行元システムと移行先システムの同じ場所にマウントします。マウントするディレクトリーの名前も同一にする必要があります。異なるパスでイメージを維持することは可能ですが、推奨されていません。virt-manager を使って移行する場合、パス名は同一である必要があります。ただし、virsh を使って移行する場合は、移行の際に --xml オプションや pre-hooks を使うと異なるネットワーク設定やマウントディレクトリーを使用することができます。pre-hooks の詳細については、libvirt のアップストリームのドキュメントを参照してください。XML オプションの詳細は 23章ドメイン XML の操作 を参照してください。
  • bridge+tap のパブリックネットワーク内の既存のゲスト仮想マシンで移行を行う場合、移行元ホストマシンと移行先ホストマシンは同じネットワーク内になければなりません。ネットワークが異なると、ゲスト仮想マシンのネットワークが移行後に機能しなくなります。

移行の制限

  • ゲスト仮想マシンの移行には、KVM に基づく仮想化技術を使って Red Hat Enterprise Linux 上で使用する場合に以下の制限が適用されます。
    • ポイントツーポイントの移行 – 移行元のハイパーバイザーから移行先ハイパーバイザーを指定するために手動で実行する必要があります。
    • 検証またはロールバックは利用できません。
    • ターゲットは手動でのみ定義できます。
    • Red Hat Enterprise Linux 7 ではストレージのライブマイグレーションは実行できませんが、ゲスト仮想マシンの電源がオフの時にストレージを移行することができます。ストレージのライブマイグレーション機能は Red Hat Virtualization で利用できます。詳細は、サービス担当者にお問い合わせください。

注記

virtio デバイスが搭載されているゲストマシンを移行する場合は、いずれかのプラットフォームの virtio デバイスのベクター番号を 32 以下に設定します。詳細は、「デバイス」 を参照してください。