第1章 システム要件

仮想化は、Intel 64 および AMD64 アーキテクチャーをベースにした Red Hat Enterprise Linux 7 の KVM ハイパーバイザーで利用できます。本章では、実行中の仮想マシン (VM とも呼ばれる) のシステム要件の一覧を記載します。
仮想化パッケージのインストールに関する詳細は、 2章仮想化パッケージのインストール を参照してください。

1.1. ホストのシステム要件

最小ホストシステム要件

  • 6 GB の空きディスク領域
  • 2 GB の RAM

推奨されるシステム要件

  • 各仮想化 CPU に 1 つのコアまたはスレッド、およびホストに 1 つのコアまたはスレッド
  • 2 GB の RAM と仮想マシン用の追加の RAM
  • ホスト用に 6 GB のディスク領域、および仮想マシンに必要なディスク領域
    ほとんどのゲストオペレーティングシステムは少なくとも 6GB のディスク領域を必要とします。各ゲストの追加のストレージ領域はワークロードによって異なります。

    swap 領域

    Linux の swap 領域は、物理メモリー (RAM) の空き容量がなくなると使用されます。システムがより多くのメモリーリソースを必要とする場合、RAM に空き容量がないとメモリーの非アクティブなページが swap 領域に移されます。RAM の容量が小さいマシンでは swap 領域が役に立ちますが、容量の大きい RAM の代わりにしてはなりません。swap 領域は、物理メモリーよりもアクセスに時間がかかるハードドライブ上にあります。swap パーティションのサイズは、ホストの物理 RAM から計算できます。Red Hat カスタマーポータルのhttps://access.redhat.com/site/solutions/15244 には swap パーティションのサイズを安全かつ効果的に判別する方法が記載されています。
    • raw イメージファイルを使用する場合、必要なディスク領域の合計はイメージファイルで必要な領域、ホストオペレーティングシステムに必要な 6 GB の領域、およびゲストの swap 領域の合計と同等またはそれ以上となります。
      qcow イメージの場合、qcow および qcow2 イメージは必要に応じて拡大することから、ゲストの予測される最大ストレージ要件 (total for qcow format) も計算する必要があります。この拡大を可能にするには、まずゲストの予測される最大ストレージ要件 (expected maximum guest storage) を 1.01 倍し、これにホスト (host) で必要な領域と必要なスワップ領域 (swap) を加えます。
ゲスト仮想マシンの要件の詳細は、7章KVM でのオーバーコミット を参照してください。