Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.4. サポート対象のゲスト CPU モデル

すべてのハイパーバイザーには、ゲストがデフォルトで表示される CPU 機能に対応する独自のポリシーがあります。ハイパーバイザーによりゲストに提示される CPU 機能セットは、ゲスト仮想マシン設定で選択した CPU モデルによって異なります。

1.4.1. ゲスト CPU モデルの一覧表示

アーキテクチャー種別でサポートされる CPU モデルの全一覧を表示するには、virsh cpu-models architecture コマンドを実行します。以下に例を示します。
$ virsh cpu-models x86_64
486
pentium
pentium2
pentium3
pentiumpro
coreduo
n270
core2duo
qemu32
kvm32
cpu64-rhel5
cpu64-rhel6
kvm64
qemu64
Conroe
Penryn
Nehalem
Westmere
SandyBridge
Haswell
athlon
phenom
Opteron_G1
Opteron_G2
Opteron_G3
Opteron_G4
Opteron_G5
$ virsh cpu-models ppc64
POWER7
POWER7_v2.1
POWER7_v2.3
POWER7+_v2.1
POWER8_v1.0
サポートされる CPU モデルおよび機能の一覧は、/usr/share/libvirt/ にある cpu_map.xml ファイルに含まれます。
# cat /usr/share/libvirt/cpu_map.xml
ゲストの CPU モデルおよび機能は、ドメイン XML ファイルの <cpu> セクションで変更できます。詳細は、「CPU モデルおよびトポロジー」 を参照してください。
必要に応じて、指定した機能セットを使用するようにホストモデルを設定できます。詳細は、「指定された CPU の機能セットの変更」 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。