Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

C.3. アプリケーションの制限

仮想化には、特定の種類のアプリケーションには適さない側面があります。
I/O スループットの要件が高いアプリケーションでは、完全に仮想化されたゲストに KVM の準仮想化ドライバー (virtio ドライバー) を使用する必要があります。virtio ドライバーがないと、特定のアプリケーションは、高い I/O 負荷では予測できない場合があります。
I/O 要件が高いため、以下のアプリケーションは使用しないでください。
  • kdumpサーバー
  • netdumpサーバー
I/O を多用したり、リアルタイムパフォーマンスを必要としたりするアプリケーションやツールを慎重に評価する必要があります。I/O パフォーマンスを向上させるには、virtio ドライバーまたは PCI デバイスの割り当てを検討してください。完全に仮想化したゲストの virtio ドライバーの詳細は、5章KVM 準仮想化 (virtio) ドライバー を参照してください。PCI デバイスの割り当ての詳細は、16章ゲスト仮想マシンのデバイス設定 を参照してください。
仮想環境でアプリケーションを実行すると、パフォーマンスがわずかに低下します。新しいハードウェアおよび高速ハードウェアへの統合による仮想化のパフォーマンス上の利点は、仮想化の使用に伴う潜在的なアプリケーションパフォーマンスの問題に対して評価する必要があります。