Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第19章 仮想マシンマネージャー(virt-manager)を使用したゲストの管理

本章では、Virtual Machine Manager(virt-manager)ウィンドウ、ダイアログボックス、およびさまざまな GUI コントロールを説明します。
virt-manager は、ホストシステムおよびリモートホスト上のハイパーバイザーとゲストのグラフィカルビューを提供します。virt-manager は、以下を含む仮想化管理タスクを実行できます。
  • ゲストの定義および作成
  • メモリーの割り当て
  • 仮想 CPU の割り当て
  • 動作性能の監視
  • ゲストの保存、復元、一時停止と開始、シャットダウンと起動
  • テキストコンソールとグラフィカルコンソールへのリンク
  • ライブマイグレーションおよびオフラインの移行。
重要
使用しているユーザーを書き留めておくことが重要です。あるユーザーでゲスト仮想マシンを作成する場合、別のユーザーを使用してその情報を取得できなくなります。これは、virt-manager で仮想マシンを作成する際に特に重要になります。この場合には、特に指定がない場合は、デフォルトのユーザー root が root になります。virsh list --all コマンドを使用して仮想マシンの一覧を表示できない場合は、仮想マシンの作成に使用した別のユーザーを使用してコマンドを実行することが大抵です。

19.1. virt-manager の起動

virt-manager セッションを開始するには、アプリケーションメニューを開いてから 、System Tools メニューを実行し 、Virtual Machine Manager (virt-manager)を選択します。
virt-manager メインウィンドウが表示されます。

図19.1 virt-managerの起動

virt-managerの起動
もしくは、次のコマンドで示すように、ssh を使用して virt-manager をリモートで起動できます。
# ssh -X host's address
[remotehost]# virt-manager