第19章 仮想マシンマネージャー (virt-manager) を使用したゲストの管理

この章では、仮想マシンマネージャー (virt-manager) のウィンドウ、ダイアログボックス、GUI コントロールなどについて説明します。
virt-manager は、ホストシステムおよびリモートのホストシステム上のハイパーバイザー群やゲスト群をグラフィカルに表示することができます。virt-manager は次のような仮想化管理に関する作業を行うことができます。
  • ゲストの定義と作成
  • メモリーの割り当て
  • 仮想 CPU の割り当て
  • 動作性能の監視
  • ゲストの保存、復元、一時停止と開始、シャットダウンと起動
  • テキストコンソールとグラフィカルコンソールへのリンク
  • ライブマイグレーションとオフラインマイグレーション

重要

使用しているユーザーについて留意してください。1 ユーザーを使用してゲスト仮想マシンを作成する場合、別のユーザーを使用してそれについての情報を取得することはできません。これは、virt-manager で仮想マシンを作成する場合はとくに重要になります。デフォルトユーザーは、とくに指定がない場合は root になります。virsh list --all コマンドを使用して仮想マシンを一覧表示できない場合には、仮想マシンの作成に使用したユーザーとは異なるユーザーを使用してコマンドを実行したことが原因である可能性があります。

19.1. virt-manager の起動

virt-manager セッションを開始するには、アプリケーション メニューを開き システムツール メニュー、仮想マシンマネージャー (virt-manager) の順で選択します。
virt-manager のメインウィンドウが開きます。
virt-manager の起動

図19.1 virt-manager の起動

または、以下のコマンドのように ssh を使用すると virt-manager をリモートで起動することもできます。
# ssh -X host's address
[remotehost]# virt-manager
ssh を使った仮想マシンとホストの管理については、「SSH によるリモート管理」 で詳しく説明しています。