Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第17章 仮想ネットワーク

本章では、libvirt を使用して仮想ネットワークを作成し、起動、停止、削除、および変更するのに必要な概念を紹介します。
詳細は「libvirt リファレンス」の章を参照してください。

17.1. 仮想ネットワークスイッチ

libvirt 仮想ネットワークは、仮想ネットワークスイッチ の概念を使用します。仮想ネットワークスイッチは、ホストの物理マシンサーバー(ゲスト)接続に対応するソフトウェアコンストラクトです。ゲストのネットワークトラフィックは、このスイッチを介して転送されます。

図17.1 2 台のゲストを使用した仮想ネットワークスイッチ

2 台のゲストを使用した仮想ネットワークスイッチ
Linux ホストの物理マシンサーバーは、仮想ネットワークスイッチをネットワークインターフェースとして表します。libvirtd デーモン(libvirtd)を最初にインストールして起動すると、仮想ネットワークスイッチを表すデフォルトのネットワークインターフェースは virbr0 になります。
この virbr0 インターフェースは、他のインターフェースと同様に ip コマンドで表示できます。
 $ ip addr show virbr0
 3: virbr0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UNKNOWN
     link/ether 1b:c4:94:cf:fd:17 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
     inet 192.168.122.1/24 brd 192.168.122.255 scope global virbr0

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。