14.12. qemu-img でサポートされる形式

形式が qemu-img コマンドのいずれかで指定される場合、以下の形式を使用できます。
  • raw - raw ディスクイメージ形式 (デフォルト) です。最も高速なファイルベースの形式です。ファイルシステムがホール (未割り当てのブロック) に対応している場合 (ext2 や ext3 など)、書き込みが行われたセクターのみに領域が予約されます。イメージが使用している実際のサイズを取得する場合は qemu-img info を使用し、Unix/Linux では ls -lsを使用します。raw イメージでは最良のパフォーマンスを得ることができますが、利用できる機能は非常に基本的なものに限られます。たとえば、スナップショットは利用できません。
  • qcow2 - QEMU イメージ形式です。最も多目的で機能が充実した形式です。AES 暗号化、zlib ベースの圧縮、仮想マシンの複数のスナップショットに対するサポート、イメージを小さくするなどのオプションを指定する場合に使用します。これらのオプションは、ホール (未割り当てのブロック) に対応していないファイルシステムで役に立ちます。機能が充実している分、パフォーマンスは低下します。
    ゲスト仮想マシンまたはホスト物理マシンでは、上記の形式のみを使用できますが、qemu-imgraw または qcow2 形式のいずれかに変換するために以下の形式を認識し、サポートします。イメージの形式は通常自動的に検出されます。これらの形式を raw または qcow2 に変換することに加え、それらを raw または qcow2 から変換前の形式に戻すこともできます。Red Hat Enterprise Linux 7 と共に提供される qcow2 バージョンは 1.1 であることに注意してください。以前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux と共に提供される形式は 0.10 です。イメージファイルを以前のバージョンの qcow2 に戻すことができます。使用しているバージョンを確認するには、qemu-img info qcow2 [imagefilename.img] コマンドを実行します。qcow バージョンを変更する場合は 「target 要素の設定」 を参照してください。
  • bochs: Bochs ディスクイメージ形式。
  • cloop: Linux 圧縮ループ (Linux Compressed Loop) のイメージです。Knoppix CD-ROM などにある圧縮された CD-ROM イメージを直接再利用する場合にのみ役立ちます。
  • cow: ユーザーモード Lunux コピーオンライト (User Mode Linux Copy On Write) のイメージ形式です。cow は、旧バージョンとの互換性を維持するために含まれています。
  • dmg: Mac のディスクイメージ形式。
  • nbd: ネットワークブロックデバイス。
  • parallels: Parallels の仮想化ディスクイメージ形式。
  • qcow: 旧式の QEMU イメージ形式です。この形式は、旧式バージョンとの互換性を維持するために含まれています。
  • qed: 旧式の QEMU イメージ形式です。この形式は、旧式バージョンとの互換性を維持するために含まれています。
  • vdi: Oracle 仮想マシンの VirtualBox (Oracle VM VirtualBox) のハードディスクイメージ形式です。
  • vhdx: Microsoft Hyper-V 仮想ハードディスク X ディスクイメージ形式です。
  • vmdk: VMware 3 および 4 互換のイメージ形式です。
  • vvfat: 仮想 VFAT ディスクイメージ形式。