Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

17.3. ネットワークアドレス変換

デフォルトでは、仮想ネットワークスイッチは NAT モードで動作します。Source-NAT(SNAT)または Destination-NAT(DNAT)の代わりに IP マスカレードを使用します。IP マスカレードで接続されているゲストは、外部ネットワークとの通信にホストの物理マシンの IP アドレスを使用できるようになります。デフォルトでは、以下の図に示すように、ホストの物理マシンに外部に配置されているコンピューターは、仮想ネットワークスイッチが NAT モードで動作しているときに内部のゲストと通信できません。

図17.3 2 台のゲストでの NAT を使用した仮想ネットワークスイッチ

2 台のゲストでの NAT を使用した仮想ネットワークスイッチ
警告
仮想ネットワークスイッチは、iptables ルールで設定された NAT を使用します。スイッチの実行中にこのルールを編集することは推奨されていません。誤ったルールがあると、スイッチが通信できなくなる可能性があるためです。
スイッチが実行していない場合は、正引きモードの NAT のパブリック IP 範囲を設定して、ポートマスカレードの範囲を作成するには、以下を実行します。
# iptables -j SNAT --to-source [start]-[end]