付録C 仮想化の制限

この付録では、Red Hat Enterprise Linux 7 の仮想化パッケージの追加サポートおよび製品の各種制限について説明します。

C.1. システムの制限

ホストシステム
Red Hat Enterprise Linux with KVM は以下のホストアーキテクチャーのみでサポートされます。
  • AMD64 および Intel 64
  • IBM z Systems
  • IBM POWER8
  • IBM POWER9
本書では、主に AMD64 と Intel64 の機能について説明しますが、サポートされる他のアーキテクチャーもほぼ同様に動作します。詳細は 付録B 複数のアーキテクチャー上での KVM 仮想化の使用 を参照してください。
ゲストシステム
Red Hat Enterprise Linux 7 では、Microsoft Windows ゲスト仮想マシンは、Advanced Mission Critical (AMC) などの特定のサブスクリプションプログラムにおいてのみサポートされています。お使いのサブスクリプションモデルに Windows ゲストのサポートが含まれるかどうかが不明な場合は、カスタマーサポートにお問い合わせください。
Red Hat Enterprise Linux 7 の Windows ゲスト仮想マシンについての詳細は、Windows Guest Virtual Machines on Red Hat Enterprise Linux 7 Knowledgebase article を参照してください。