Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.4. CPU の割り当て

図23.6 CPU 割り当て


<domain>
  ...
  <vcpu placement='static' cpuset="1-4,^3,6" current="1">2</vcpu>
  ...
</domain>
<vcpu> 要素は、ゲスト仮想マシンオペレーティングシステムに割り当てられる仮想 CPU の最大数を定義します。これは、1 からハイパーバイザーでサポートされる最大値である必要があります。この要素には、オプションの cpuset 属性を含めることができます。これは、ドメインプロセスと仮想 CPU がデフォルトでピニングできる物理 CPU 番号のコンマ区切りリストです。
ドメインプロセスと仮想 CPU のピニングポリシーは、cputune 属性を使用して個別に指定できます。emulatorpin 属性が <cputune> で指定されると、vcpu で指定されたcpuset <は無視されます>
同様に、vcpupin の値を設定した仮想 CPU により、cpuset 設定は無視されます。vcpupin が指定されていない仮想 CPU の場合、cpuset で指定された物理 CPU に固定されます。cpuset リストの各要素は、単一の CPU 番号、CPU 番号の範囲、またはキャレット(^)の後に、その後に以前の範囲から除外される CPU 番号のいずれかです。現在の属性を使用して、仮想 CPU の最大数を有効にするべきかよりも少ないかを指定できます。
placement オプションの属性を使用すると、ドメインプロセスの CPU 配置モードを指定できます。placement の値は、以下のいずれかとして設定できます。
  • static: vCPU を、cpuset 属性で定義される物理 CPU に固定します。cpuset が定義されていない場合、ドメインプロセスは利用可能なすべての物理 CPU にピニングされます。
  • auto - ドメインプロセスがクエリーが numad からアドバイザリーのノードセットにピニングされ、属性 cpuset の値が指定されている場合は無視されます。
注記
cpuset 属性が配置と合わせて使用されている場合には、placement の値は <numatune> 要素の値(使用されている場合)または static にデフォルト設定されます。