Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.2. 仮想マシンのクローン作成

クローンの作成を続行する前に、仮想マシンをシャットダウンします。virt-clone または virt-manager を使用して、仮想マシンのクローンを作成できます。

4.2.1. virt-clone を使用したゲストのクローン作成

virt-clone を使用すると、コマンドラインから仮想マシンのクローンを作成できます。
virt-clone を正常に完了するには、root 権限が必要であることに注意してください。
virt-clone コマンドには、コマンドラインで渡すことができるオプションが多数用意されています。これには、一般的なオプション、ストレージ設定オプション、ネットワーク設定オプション、およびその他のオプションが含まれます。--orginal のみが必要です。オプションの一覧を表示するには、次のコマンドを実行します。
# virt-clone --help
また、virt-clone の man ページでは、各コマンドオプション、重要な変数、および例が記載されています。
以下の例は、デフォルト接続で、「demo」と呼ばれるゲスト仮想マシンのクローンを作成する方法を示しています。これにより、新しい名前とディスククローンパスが自動的に生成されます。

例4.1 virt-clone を使用したゲストのクローン作成

# virt-clone --original demo --auto-clone
以下の例は、「demo」と呼ばれる QEMU ゲスト仮想マシンのクローンを、複数のディスクで作成する方法を示しています。

例4.2 virt-clone を使用したゲストのクローン作成

# virt-clone --connect qemu:///system --original demo --name newdemo --file /var/lib/libvirt/images/newdemo.img --file /var/lib/libvirt/images/newdata.img