Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.2. 仮想マシンのクローン作成

クローンに進む前に、仮想マシンをシャットダウンします。virt-clone または virt-manager を使用して仮想マシンのクローンを作成できます。

4.2.1. virt-clone を使用したゲストのクローン作成

virt-clone を使用して、コマンドラインから仮想マシンのクローンを作成できます。
virt-clone が正常に完了するには root 権限が必要なことに注意してください。
virt-clone コマンドは、コマンドラインで渡すことができるオプションを多数提供します。これらのオプションには、一般的なオプション、ストレージ設定オプション、ネットワーク設定オプションなどが含まれます。--original のみが必要になります。オプションの完全な一覧を表示するには、以下のコマンドを入力します。
# virt-clone --help
man ページの virt-clone には、各コマンドオプション、重要な変数、および例も説明されています。
以下の例は、デフォルトの接続で「demo」と呼ばれるゲスト仮想マシンのクローンを作成し、新しい名前およびディスクのクローンパスを自動的に生成する方法を示しています。

例4.1 virt-clone を使用したゲストのクローンの作成

# virt-clone --original demo --auto-clone
以下の例は、複数のディスクで「demo」と呼ばれる QEMU ゲスト仮想マシンのクローンを作成する方法を示しています。

例4.2 virt-clone を使用したゲストのクローンの作成

# virt-clone --connect qemu:///system --original demo --name newdemo --file /var/lib/libvirt/images/newdemo.img --file /var/lib/libvirt/images/newdata.img

4.2.2. virt-manager を使用したゲストのクローン作成

この手順では、virt-manager ユーティリティーを使用してゲスト仮想マシンのクローン作成を説明します。

手順4.2 virt-manager を使用した仮想マシンのクローン作成

  1. open virt-manager

    virt-manager を起動します。アプリケーションメニューおよび System Tools サブメニューから、Virtual Machine Manager アプリケーションを起動します。または、root で virt-manager コマンドを実行します。
    Virtual Machine Manager のゲスト仮想マシンの一覧から、クローン作成するゲスト仮想マシンを選択します。
    クローンを作成するゲスト仮想マシンを右クリックし、Clone を選択します。Clone Virtual Machine ウィンドウが開きます。

    図4.1 仮想マシンのクローンウィンドウ

    仮想マシンのクローンウィンドウ
  2. クローンを設定します。

    • クローンの名前を変更するには、クローンの新しい名前を入力します。
    • ネットワーク設定を変更するには、Details をクリックします。
      クローンに新しい MAC アドレスを入力します。
      OK をクリックします。

      図4.2 MAC アドレスウィンドウの変更

      MAC アドレスウィンドウの変更
    • クローン作成されたゲスト仮想マシンのそれぞれのディスクに対して、以下のオプションのいずれかを選択します。
      • このディスクのクローン - クローン作成されたゲスト仮想マシンのディスクのクローン作成
      • ゲスト仮想マシン名と共にディスクを共有します。ディスクは、クローン作成されるゲスト仮想マシンとそのクローンで共有されます。
      • 詳細: ディスクの新しいパスを選択できるストレージパスの変更ウィンドウを開きます。

        図4.3 ストレージパスウィンドウの変更

        ストレージパスウィンドウの変更
  3. ゲスト仮想マシンのクローン作成

    Clone をクリックします。