4.2. 仮想マシンのクローン作成

クローン作成手順を進める前に、仮想マシンをシャットダウンします。virt-clone または virt-manager を使って仮想マシンのクローンを作成することができます。

4.2.1. virt-clone を使用したゲストのクローン作成

virt-clone を使って、コマンドラインから仮想マシンのクローンを作成できます。
virt-clone を正しく完了するには、root 権限が必要となることに注意してください。
virt-clone コマンドは、コマンドラインで渡すことのできる数多くのオプションを提供します。これらには、一般的なオプション、ストレージ設定のオプション、ネットワーク設定のオプション、およびその他のオプションが含まれます。必須となるのは --original のみです。オプションの詳細の一覧を表示するには、以下のコマンドを入力します。
# virt-clone --help
virt-cloneの man ページにも、各コマンドのオプション、重要な変数、および例が記載されています。
以下の例は、デフォルト接続で「demo」というゲスト仮想マシンをクローン作成する方法を示しています。新規の名前とディスクのクローンパスが自動生成されます。

例4.1 virt-clone を使用したゲストのクローン作成

# virt-clone --original demo --auto-clone
以下の例は、複数のディスクと共に「demo」という QEMU ゲスト仮想マシンをクローン作成する方法を示しています。

例4.2 virt-clone を使用したゲストのクローン作成

# virt-clone --connect qemu:///system --original demo --name newdemo --file /var/lib/libvirt/images/newdemo.img --file /var/lib/libvirt/images/newdata.img

4.2.2. virt-manager を使用したゲストのクローン作成

以下の手順では、virt-manager ユーティリティーを使用してゲスト仮想マシンのクローンを作成する方法を説明します。

手順4.2 virt-manager を使用した仮想マシンのクローン作成

  1. virt-manager を開きます。

    virt-manager を開始します。アプリケーション メニューを開き、システムツール サブメニューから 仮想マシンマネージャー アプリケーションを起動します。または、root で virt-manager コマンドを実行します。
    Virtual Machine Manager のゲスト仮想マシンの一覧からクローン作成するゲスト仮想マシンを選択します。
    クローン作成するゲスト仮想マシンを右クリックして、クローン を選択します。「仮想マシンのクローンを作成」ウィンドウが開きます。
    「仮想マシンのクローンを作成」ウィンドウ

    図4.1 「仮想マシンのクローンを作成」ウィンドウ

  2. クローンを設定します。

    • クローンの名前を変更するには、クローンの新規の名前を入力します。
    • ネットワーク設定を変更するには、詳細 をクリックします。
      クローンの新しい MAC アドレスを入力します。
      OK をクリックします。
      「MAC アドレスを変更」ウィンドウ

      図4.2 「MAC アドレスを変更」ウィンドウ

    • クローン作成されたゲスト仮想マシンのそれぞれのディスクについて、以下のオプションのいずれかを選択します。
      • Clone this disk: ディスクのクローンはクローン作成されたゲスト仮想マシンから作成されます。
      • Share disk with guest virtual machine name: ディスクは、クローン作成されるゲスト仮想マシンとそのクローンによって共有されます。
      • Details: 「ストレージパスを変更」ウィンドウが開きます。ここからディスクの新規パスを選択できます。
        「storage pathを変更」ウィンドウ

        図4.3 「storage pathを変更」ウィンドウ

  3. ゲスト仮想マシンのクローンを作成します。

    クローン をクリックします。