Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.6. 既存のイメージの他の形式への変換

convert オプションは、認識されているイメージ形式を別のイメージ形式に変換するために使用されます。使用できる形式の一覧は、「サポートされている qemu-img Formats」
# qemu-img convert [-c] [-p] [-f fmt] [-t cache] [-O output_fmt] [-o options] [-S sparse_size] filename output_filename
-p パラメーターは、(すべてのコマンドに対してオプションではなく)コマンドの進捗を示し、-S フラグを使用するとディスクイメージ内に含まれるスパースファイルの作成が可能となります。ゼロ(つまり何もない)だけが含まれる物理ブロックを除く、標準ファイルと同様、すべての目的ファイルのスパースファイルを使用します。オペレーティングシステムがこのファイルを確認すると、それが存在するものとして扱い、実際のディスク領域を取得している場合でも、実際のディスク容量は引き継がれません。これは、ゲスト仮想マシンのディスクを作成する場合に特に便利です。これにより、ディスクはそれよりも多くのディスク領域を取得していると表示されました。たとえば、-S を 10Gb のディスクイメージで 50Gb に設定すると、10Gb のディスク領域のみが実際に使用されている場合でも、60Gb のディスク領域が 60Gb となります。
output_format 形式を使用して、ディスクイメージ filename をディスクイメージ output_filename に変換します。ディスクイメージはオプションで -c オプションで圧縮するか、-o encryption を設定することで -o オプションで暗号化できます。-o パラメーターで利用可能なオプションは、選択した形式とは異なることに注意してください。
qcow2 形式および qcow2 形式のみが、暗号化または圧縮に対応します。qcow2 暗号化は、安全な 128 ビットキーで AES 形式を使用します。qcow2 圧縮は読み取り専用であるため、圧縮したセクターが qcow2 形式から変換されると、圧縮されていないデータとして新しい形式に書き込まれます。
また、qcowcow などの拡張可能な形式を使用する場合も、イメージの変換が小さいイメージを取得するのに役立ちます。空のセクターは検出され、宛先イメージから抑制されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。