Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.6. 既存のイメージを別の形式に変換

convert オプションは、認識されたイメージ形式を、別のイメージ形式に変換するために使用されます。使用可能な形式の一覧は、「対応する qemu-img 形式」 を参照してください。
# qemu-img convert [-c] [-p] [-f fmt] [-t cache] [-O output_fmt] [-o options] [-S sparse_size] filename output_filename
-p パラメーターはコマンドの進捗を示し (すべてのコマンドではなく任意)、-S フラグは、ディスクイメージに含まれる sparse file の作成を許可します。ゼロのみを含む(つまり、何も含まない)物理ブロックを除いて、あらゆる目的のスパースファイルは標準ファイルのように機能します。オペレーティングシステムがこのファイルを認識すると、たとえ実際にはディスクを使用していなくても、存在しているものとして扱われ、実際のディスク領域を消費します。ゲスト仮想マシン用のディスクを作成する場合に特に役立ちます。これにより、ディスクに必要なディスク領域よりもはるかに多くのディスク領域が使用されるようになります。たとえば、10Gb のディスクイメージで -S を 50Gb に設定すると、実際には 10Gb しか使用されていなくても、そのディスク領域の 10Gb は 60Gb に見えます。
形式 output_format を使用して、ディスクイメージのfilenameを、ディスクイメージのoutput_filenameに変換します。ディスクイメージは、-c オプションで圧縮するか、-o encryption を設定して -o オプションで暗号化できます。-o パラメーターで使用できるオプションは、選択した形式により異なることに注意してください。
暗号化または圧縮に対応するのは、qcow2 形式と qcow2 形式のみです。qcow2 暗号化は、セキュアな 128 ビット鍵で AES 形式を使用します。qcow2 圧縮は読み取り専用であるため、圧縮セクターを qcow2 形式から変換すると、新しい形式に非圧縮データとして書き込まれます。
イメージの変換は、qcow または cow など、サイズを大きくできる形式を使用する場合に、小さなイメージを取得する場合にも役立ちます。空のセクターは、宛先イメージから検出され、抑制されます。