Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第18章 ゲストのリモート管理

本セクションでは、ゲストをリモートで管理する方法を説明します。

18.1. トランスポートモード

リモートマネジメントの場合、libvirt は以下のトランスポートモードに対応します。

Transport Layer Security (TLS)

Transport Layer Security TLS 1.0 (SSL 3.1) が認証され、暗号化された TCP/IP ソケット。通常はパブリックポート番号をリッスンします。これを使用するには、クライアント証明書およびサーバー証明書を生成する必要があります。標準のポートは 16514 です。詳細な手順は、「TLS および SSL を使用したリモート管理」 を参照してください。

SSH

SSH (Secure Shell Protocol) 接続で転送されます。libvirt デーモン (libvirtd) は、リモートマシンで実行している必要があります。SSH アクセスには、ポート 22 を開いておく必要があります。ある種のSSHキー管理(たとえば、ssh-agentユーティリティ)を使用する必要があります。そうしないと、パスワードの入力を求められます。詳細な手順は、「SSH を使用したリモート管理」 を参照してください。

UNIX ソケット

UNIX ドメインソケットは、ローカルマシンでのみアクセスできます。ソケットは暗号化されず、UNIX の権限または SELinux を使用して認証を行います。通常のソケット名は /var/run/libvirt/libvirt-sock および /var/run/libvirt/libvirt-sock-ro です (読み取り専用接続の場合)。

ext

ext パラメーターは、libvirt のスコープ外の方法でリモートマシンに接続できる外部プログラムに使用されます。このパラメーターはサポートされていません。

TCP

暗号化されていない TCP/IP ソケット。実稼働環境での使用は推奨されていないため、これは通常無効になっていますが、管理者はこれをテストしたり、信頼できるネットワークで使用したりできます。デフォルトのポートは 16509 です。

デフォルトのトランスポートは、その他のトランスポートを指定しないと TLS になります。

リモート URI

URI (Uniform Resource Identifier) は、virsh および libvirt がリモートホストに接続するために使用します。URI は、virsh コマンドの --connect パラメーターとともに使用して、リモートホストで単一コマンドまたは移行を実行することもできます。リモート URI は、通常のローカル URI を取得し、ホスト名またはトランスポート名 (あるいはその両方) を追加することで形成されます。特別な場合として、「remote」の URI スキームを使用すると、リモートの libvirtd サーバーで、最適なハイパーバイザードライバーをプローブするように指示されます。これは、ローカル接続の NULL URI を渡すことに相当します。

libvirt の URI は一般的な形式をとります (角括弧内のコンテンツ "[]" は任意の関数を表します)。
driver[+transport]://[username@][hostname][:port]/path[?extraparameters]
ハイパーバイザー (ドライバー) が QEMU の場合は、パスが必須であることに注意してください。
以下は、有効なリモート URI の例になります。
  • qemu://hostname/
外部の場所を対象とする場合は、トランスポート方法またはホスト名を指定する必要があります。詳細は、libvirt アップストリームのドキュメント を参照してください。

リモート管理パラメーターの例

  • SSH トランスポートと、SSH ユーザーネーム virtuser を使用して、host2 という名前のリモートの KVM ホストに接続します。各 connect コマンドは [URI] [--readonly] です。virsh connect コマンドの詳細は、「virsh Connect を使用したハイパーバイザーへの接続」 を参照してください。
    qemu+ssh://virtuser@host2/
  • TLS を使用して、host2 という名前のホスト上のリモートの KVM ハイパーバイザーに接続します。
    qemu://host2/

テスト例

  • 標準以外の UNIX ソケットを使用して、ローカルの KVM ハイパーバイザーに接続します。この場合は、UNIX ソケットの完全パスが明示的に指定されています。
    qemu+unix:///system?socket=/opt/libvirt/run/libvirt/libvirt-sock
  • 暗号化されていない TCP/IP 接続を使用して、ポート 5000 の IP アドレス 10.1.1.10 のサーバーに libvirt デーモンを接続します。これは、デフォルト設定でテストドライバーを使用します。
    test+tcp://10.1.1.10:5000/default

追加の URI パラメーター

リモートの URI には、追加のパラメーターを追加できます。以下の表では、認識されるパラメーターを説明します。その他のパラメーターはすべて無視されます。パラメーター値は URI エスケープする必要があります (つまり、パラメーターおよび特殊文字が URI 形式に変換される前に疑問符 (?) が追加されることを意味します)。

表18.1 追加の URI パラメーター

Name (名前) トランスポートモード 説明 使用例
name すべてのモード リモート virConnectOpen 関数に渡される名前。名前は、通常、リモートの URI から transporthostnameport numberusername、および追加のパラメーターを削除して生成されますが、非常に複雑なケースでは、名前を明示的に指定することをお勧めします。 name=qemu:///system
command ssh と ext 外部コマンド。ext トランスポートの場合はこれが必要です。ssh の場合、デフォルトは ssh です。コマンド用に PATH が検索されます。 command=/opt/openssh/bin/ssh
socket unix と ssh UNIX ドメインソケットへのパスで、デフォルトを上書きします。ssh トランスポートの場合は、これがリモートの netcat コマンド (netcat を参照) に渡されます。 socket=/opt/libvirt/run/libvirt/libvirt-sock
no_verify tls ゼロ以外の値に設定すると、サーバーの証明書のクライアントチェックが無効になります。クライアントの証明書または IP アドレスのサーバーチェックを無効にするには、libvirtd 設定を変更する必要があります。 no_verify=1
no_tty ssh 0 以外の値に設定すると、リモートマシンに自動的にログインできない場合に ssh がパスワードを要求できなくなります。ターミナルへのアクセスがない場合は、これを使用します。 no_tty=1