15.4. 共有ストレージの例: 単純な移行に NFS を使用する

重要

この例では、NFS を使ってゲスト仮想マシンのイメージを他の KVM ホスト物理マシンと共有します。これは大規模なインストールには実際的な方法ではありませんが、ここでは移行の手法を説明する目的で紹介します。2 台または 3 台を超えるゲスト仮想マシンを移行し、実行する場合には、この例を適用しないでください。また、synch パラメーターが有効にされている必要があります。これは、NFS ストレージを適切にエクスポートするのに必要です。
大規模な導入には iSCSI ストレージを選択するのが良いでしょう。設定の詳細については、「iSCSI ベースのストレージプール」 を参照してください。
NFS を設定し、IP テーブルを開き、ファイアウォールを設定する方法についての詳細は、『Red Hat Linux 7 ストレージ管理ガイド』を参照してください。
NFS ファイルロック機能は KVM ではサポートされていないため使用しないでください。
  1. libvirt イメージディレクトリーをエクスポートします。

    移行を行う場合、移行対象となるシステムとは別のシステムにストレージを置かなければなりません。/etc/exports ファイルにデフォルトのイメージディレクトリーを追加することで、この別のシステム上にストレージをエクスポートします。
    /var/lib/libvirt/images *.example.com(rw,no_root_squash,sync)
    環境に応じて hostname パラメーターを変更します。
  2. NFS を起動します。

    1. NFS パッケージがまだインストールされていない場合はインストールを行います。
      # yum install nfs-utils
    2. NFS のポートが iptables で開かれていることを確認します (例: 2049)。さらに、NFS を /etc/hosts.allow ファイルに追加します。
    3. NFS サービスを起動します。
      # systemctl start nfs-server
  3. ソースおよび移行先に共有ストレージをマウントします。

    移行元および移行先システムに /var/lib/libvirt/images ディレクトリーをマウントします。
    # mount storage_host:/var/lib/libvirt/images /var/lib/libvirt/images

    警告

    移行元のホスト物理マシンに選択されるディレクトリーは、移行先ホスト物理マシン上のディレクトリーと全く同一である必要があります。これは、共有ストレージのすべてのタイプに適用されます。ディレクトリーが同一でない場合、virt-manager を使用する移行は失敗します。