Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録A トラブルシューティング

本章では、Red Hat Enterprise Linux 7 の仮想化問題の一般的な問題および解決策を説明します。
本章を参照して、仮想化技術に関連する共通問題の一部を理解します。トラブルシューティングのスキルを開発するために、Red Hat Enterprise Linux 7 で仮想化を試すことが推奨されます。
本ドキュメントの回答が見つからない場合は、仮想化コミュニティーからオンラインに回答がある可能性があります。Linux 仮想化の Web サイトの一覧については、「オンラインリソース」 を参照してください。

A.1. デバッグおよびトラブルシューティングツール

本セクションでは、システム管理者アプリケーション、ネットワークユーティリティー、デバッグツールの概要を説明します。トラブルシューティングに役立つこれらの標準のシステム管理ツールとログを使用できます。
これらのネットワークユーティリティーは、仮想化ネットワーク問題のトラブルシューティングに役立ちます。
  • ip addrip route、および ip monitor
  • tcpdump - ネットワーク上でパケットトラフィックの診断を行います。このコマンドは、ネットワーク異常やネットワーク認証に関する問題を見つけるのに役立ちます。wireshark という名前の tcpdump のグラフィカルバージョンがあります。
  • brctl - Linux カーネルでイーサネットブリッジ設定を検査して設定するネットワークユーティリティーです。以下に例を示します。
    $ brctl show
    bridge-name    bridge-id          STP  enabled  interfaces
    -----------------------------------------------------------------------------
    virtbr0             8000.feffffff       yes        eth0
    
    $ brctl showmacs virtbr0
    port-no           mac-addr                  local?       aging timer
    1                 fe:ff:ff:ff:ff:           yes            0.00
    2                 fe:ff:ff:fe:ff:           yes            0.00
    $ brctl showstp virtbr0
    virtbr0
    bridge-id              8000.fefffffffff
    designated-root        8000.fefffffffff
    root-port              0                   path-cost             0
    max-age                20.00               bridge-max-age        20.00
    hello-time             2.00                bridge-hello-time     2.00
    forward-delay          0.00                bridge-forward-delay  0.00
    aging-time            300.01
    hello-timer            1.43                tcn-timer             0.00
    topology-change-timer  0.00                gc-timer              0.02
    
仮想化のトラブルシューティングに役立つその他のコマンドを以下に示します。
  • strace 別のプロセスによって受信および受信/使用されるシステムコールとイベントを追跡するコマンドです。
  • vncviewer サーバーまたは仮想マシンで実行している VNC サーバーに接続します。 yum install tigervnc コマンドを使用して、vncviewer をインストールします。
  • vncserver サーバーでリモートデスクトップを起動します。リモートセッションを使用して、virt-manager などのグラフィカルユーザーインターフェースを実行する機能を提供します。yum install tigervnc-server コマンドを使用して、vncserver をインストールします。
上記のすべてのコマンドのほかに、仮想化ログを調べると便利です。詳細は、「仮想化ログ」 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。