Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録A トラブルシューティング

本章では、Red Hat Enterprise Linux 7 の仮想化に関する一般的な問題と解決策を説明します。
この章を読むことで、仮想化テクノロジーに関連する一般的な問題の一部を理解することができます。トラブルシューティングスキルを向上させるために、Red Hat Enterprise Linux 7 で仮想化を実験してテストすることが推奨されます。
本書で回答が見つからない場合は、オンライン上の仮想化コミュニティーに回答があるかもしれません。Linux 仮想化Web サイトの一覧は、「オンラインリソース」 を参照してください。
また、Red Hat ナレッジベース の RHEL 7 で仮想化のトラブルシューティングに関する詳細も記載されています。

A.1. デバッグおよびトラブルシューティングツール

本セクションでは、システム管理者アプリケーション、ネットワークユーティリティー、およびデバッグツールの概要を説明します。標準のシステム管理ツールおよびログを使用して、トラブルシューティングを支援できます。
これらのネットワークユーティリティーは、以下の仮想化ネットワークの問題のトラブルシューティングに役立ちます。
  • ip addrip route、および ip monitor
  • tcpdump - ネットワーク上のパケットトラフィックを診断します。このコマンドは、ネットワーク異常やネットワーク認証の問題を見つける際に役立ちます。tcpdump のグラフィカルバージョンでは、wireshark という名前のグラフィカルバージョンがあります。
  • brctl - Linux カーネル内のイーサネットブリッジ設定を検証して設定するネットワークユーティリティーです。以下は例になります。
    $ brctl show
    bridge-name    bridge-id          STP  enabled  interfaces
    -----------------------------------------------------------------------------
    virtbr0             8000.feffffff       yes        eth0
    
    $ brctl showmacs virtbr0
    port-no           mac-addr                  local?       aging timer
    1                 fe:ff:ff:ff:ff:           yes            0.00
    2                 fe:ff:ff:fe:ff:           yes            0.00
    $ brctl showstp virtbr0
    virtbr0
    bridge-id              8000.fefffffffff
    designated-root        8000.fefffffffff
    root-port              0                   path-cost             0
    max-age                20.00               bridge-max-age        20.00
    hello-time             2.00                bridge-hello-time     2.00
    forward-delay          0.00                bridge-forward-delay  0.00
    aging-time            300.01
    hello-timer            1.43                tcn-timer             0.00
    topology-change-timer  0.00                gc-timer              0.02
    
仮想化のトラブルシューティングに役立つコマンドを以下に示します。
  • strace は、システムコールと、別のプロセスが受信して使用したイベントを追跡するコマンドです。
  • vncviewer は、サーバーまたは仮想マシンで実行している VNC サーバーに接続します。 yum install tigervnc を使用して vncviewer をインストールします。
  • vncserver は、サーバーでリモートデスクトップを起動します。リモートセッションを使用して、virt-manager などのグラフィカルユーザーインターフェースを実行できます。yum install tigervnc-server を使用して vncserver をインストールします。
上記のコマンドのほかに、仮想化ログを調べると便利です。詳細は、「仮想化ログ」 を参照してください。