Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.7. ループデバイスエラー

ファイルベースのゲストイメージが使用されると、設定されたループデバイスの数を増やす必要がある場合があります。デフォルト設定では、最大 8 つのアクティブなループデバイスを許可します。8 つ以上のファイルベースのゲストまたはループデバイスが必要な場合は、/etc/modprobe.d/ディレクトリーでループデバイスの数を調整できます。以下の行を追加します。
options loop max_loop=64
この例では 64 を使用していますが、別の数値を指定して最大ループ値を設定できます。システムに、ループデバイスをサポートするゲストを実装する必要もあります。完全な仮想化システム用にループデバイスをサポートするゲストを使用するには、phy: device または file: file コマンドを使用します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。