12.3. 制約および制限事項

  • L0 ホストおよび L1 ゲストでは Red Hat Enterprise Linux 7.2 以降を実行することを強く推奨します。L2 ゲストには Red Hat でサポートされる任意のゲストシステムを含めることができます。
  • L1 または L2 ゲストの移行はサポートされません。
  • ハイパーバイザーとしての L2 ゲストの使用と L3 ゲストの作成はサポートされません。
  • ホストで利用できるすべての機能が L1 ハイパーバイザーで使用できる訳ではありません。たとえば、IOMMU/VT-d または APICv は L1 ハイパーバイザーで使用することはできません。
  • ネストされた仮想化を使用するには、ホスト CPU に必要な機能フラグがなければなりません。L0 および L1 ハイパーバイザーが正常に設定されている場合、L0 および L1 の両方で cat /proc/cpuinfo コマンドを使用し、以下のフラグが両方のハイパーバイザーのそれぞれの CPU について一覧表示されていることを確認します。
    • Intel の場合: vmx (Hardware Virtualization; ハードウェア仮想化) および ept (Extended Page Tables; 拡張ページテーブル)
    • AMD の場合: svm (vmx と同等) および npt (ept と同等)