Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第21章 オフラインツールによるゲスト仮想マシンディスクアクセス

21.1. はじめに

Red Hat Enterprise Linux 7 は、ゲスト仮想マシンのディスクやその他のディスクイメージへのアクセス、編集、作成を可能にする多くの libguestfs ユーティリティーを提供します。これらのツールには、以下を含む複数の用途があります。
  • ゲスト仮想マシンディスクにあるファイルの表示またはダウンロード。
  • ゲスト仮想マシンのディスクでのファイルの編集またはアップロード
  • ゲスト仮想マシン設定の読み込みまたは書き込み
  • ファイル、ディレクトリー、ファイルシステム、パーティション、論理ボリュームおよびその他オプションを含む新規ディスクイメージの準備
  • 起動に失敗したゲスト仮想マシン、起動設定に変更を必要とするゲスト仮想マシンのレスキューおよび修復
  • ゲスト仮想マシンのディスク使用量の監視
  • 企業のセキュリティー標準に準拠しているかどうかなど、ゲスト仮想マシンのコンプライアンスの監査
  • テンプレートからのクローン作成およびテンプレートの修正による複数ゲスト仮想マシンの導入
  • CD および DVD ISO イメージおよびフロッピーディスクイメージの読み取り
警告
本章にリストされているユーティリティーを使用して、実行中の仮想マシンに割り当てられているゲスト仮想マシンまたはディスクイメージに書き込みを行い、書き込みモードでこのようなディスクイメージを開く必要はありません。
これを実行すると、ゲスト仮想マシンのディスクが破損します。このツールはこれを回避しようとしますが、すべてのケースは安全ではありません。ゲスト仮想マシンが実行中の可能性がある場合は、Red Hat はユーティリティーを使用しないことを強く推奨します。
安全を高めるために、特定のユーティリティーは読み取り専用モード (-ro オプションを使用して)使用できますが、変更は保存されません。
注記
libguestfs および関連ユーティリティーのドキュメントの主なソースは、Linux の man ページです。API はguestfs(3) で文書化され、guestfish(1) が、仮想化ユーティリティーが独自の man ページ (virt-df(1)など)にまとめられています。トラブルシューティングに関する情報は、を参照してください。 「libguestfs Troubleshooting」

21.1.1. リモート接続の使用に関する注意

Red Hat Enterprise Linux 7 の仮想化コマンドによっては、リモートの libvirt 接続を指定できます。以下に例を示します。
# virt-df -c  qemu://remote/system -d Guest
ただし、Red Hat Enterprise Linux 7 の libguestfs ユーティリティーは、リモート libvirt ゲストのディスクや、上記のリモート URL を使用するコマンドは期待どおりに動作しません。
ただし、Red Hat Enterprise Linux 7 以降、libguestfs はネットワークブロックデバイス(NBD)を介してリモートディスクソースにアクセスできます。qemu-nbd コマンドを使用してリモートマシンからディスクイメージをエクスポートし、nbd :// URL を使用してアクセスできます。以下に示すように、ファイアウォール(ポート 10809)でポートを開く必要がある場合があります。
リモートシステムの場合: qemu-nbd -t disk.img
ローカルシステム - virt-df -a nbd://remote
以下の libguestfs コマンドは影響を受けます。
  • guestfish
  • guestmount
  • virt-alignment-scan
  • virt-cat
  • virt-copy-in
  • virt-copy-out
  • virt-df
  • virt-edit
  • virt-filesystems
  • virt-inspector
  • virt-ls
  • virt-rescue
  • virt-sysprep
  • virt-tar-in
  • virt-tar-out
  • virt-win-reg

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。