Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.9. イメージのバックアップファイルのリベース

qemu-img リベースにより、イメージのバッキングファイルが変更されます。
# qemu-img rebase [-f fmt] [-T cache] [-p] [-u] -b backing_file [-F backing_fmt] filename
バッキングファイルは backing_file に変更して (ファイル名の形式が機能をサポートする場合 )、バッキングファイル形式は backing_format に変更されています。
注記
qcow2 形式のみが、バッキングファイル(リベース)の変更に対応しています。
リベースが動作できる 2 つの異なるモード (安全 および unsafe)があります
セーフモードはデフォルトで使用し、実際のリベース操作を実行します。新しいバッキングファイルは古いファイルとは異なる場合があり、qemu-img rebase コマンドは 、ファイル名のゲスト仮想マシンに表示されるコンテンツを変更せずに維持します。そのために、ファイル名の backing_file と古いバッキングファイル 間で異なるクラスターは filename にマージされ、バッキングファイルへの変更が行われる前にファイル名にマージされます。
セーフモードはコストのかかる操作で、イメージ変換が困難である点に注意してください。正常に完了するには、古いバッキングファイルが必要です。
-u オプションが qemu-img リベースに渡されると 、安全でないモードが使用されます。このモードでは、ファイルコンテンツに対するチェックが行わ れなくても、バッキングのファイル名とファイル名の形式のみが変更され ます。新規バッキングファイルが正しく指定される場合や、イメージのゲストに表示されるコンテンツが破損していることを確認します。
このモードは、バッキングファイルの名前変更または移動に役立ちます。これは、アクセス可能な古いバッキングファイルなしで使用できます。たとえば、バッキングファイルがすでに移動しているか、名前が変更されたイメージを修正するために使用できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。