14.9. イメージのバッキングファイルの再設定

qemu-img rebase はイメージのバッキングファイルを変更します。
# qemu-img rebase [-f fmt] [-t cache] [-p] [-u] -b backing_file [-F backing_fmt] filename
バッキングファイルは backing_file に変更され、filename の形式が機能をサポートする場合は、バッキングファイルの形式が backing_format に変更されます。

注記

バッキングファイルの変更 (リベース) に対応するのは qcow2 形式のみになります。
rebase を操作できる 2 つのモードは safeunsafe です。
デフォルトでは safe モードが使用され、実際のリベースの操作が実行されます。新しいバッキングファイルは古いバッキングファイルとは異なる可能性があり、qemu-img rebase コマンドはゲスト仮想マシンが認識できる filename のコンテンツが変更されないようにします。backing_filefilename の古いバッキングファイル間で異なるクラスターは、バッキングファイルに変更が加えられる前に filename にマージされます。
safe モードはイメージの変換と同様に、コストの高い操作になります。正常に完了するには古いバッキングファイルが必要になります。
qemu-img rebase-u オプションを渡すと unsafe モードが使用されます。このモードでは、filename のバッキングファイル名と形式のみが変更され、ファイルの内容に対するチェックは行われません。新しいバッキングファイルを正しく指定したことを必ず確認してください。誤って指定すると、ゲストが認識できるイメージのコンテンツが破損します。
このモードはバッキングファイルの名前変更や移動を行う際に便利です。これを実行する際に、古いバッキングファイルへのアクセスは不要になります。たとえばこのモードは、バッキングファイルがすでに移動または名前変更されているイメージの修正を行う場合に使用できます。