Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.7. 仮想マシン設定の管理

本セクションでは、仮想マシン設定の管理方法について説明します。

20.7.1. ゲスト仮想マシンの設定の保存

virsh save [--bypass-cache] domain file [--xml string] [--running] [--paused] [--verbose] コマンドは指定されたドメインを停止し、ゲスト仮想マシンの現在の状態を指定されたファイルに保存します。これは、ゲスト仮想マシンによって使用されるメモリー量によっては、かなり時間がかかる可能性があります。virsh restore (「ゲスト仮想マシンの復元」)コマンドを使用して、ゲスト仮想マシンの状態を復元できます。
virsh save コマンドと virsh suspend コマンドの違いは、virsh suspend がドメイン CPU を停止しますが、ホストシステムではドメインの qemu プロセスが実行され、そのメモリーのイメージの常駐が残される点です。ホストシステムを再起動すると、このメモリーイメージが失われます。
virsh save コマンドは、ホストシステムのハードディスクにドメインの状態を保存し、qemu プロセスを終了します。これにより、保存された状態からドメインの再起動が可能になります。
virsh domjobinfo コマンドで virsh save のプロセスを監視し、virsh domjobabort コマンドでこのプロセスをキャンセルできます。
virsh save コマンドは、以下の引数を取ることができます。
  • --bypass-cache - ファイルシステムのキャッシュを回避し、復元しますが、このフラグを使用すると復元操作が遅くなる可能性があります。
  • --xml - この引数は、XML ファイル名と共に使用する必要があります。通常、この引数は省略されていますが、ドメイン XML のホスト固有の部分のみを変更するだけで、復元したゲスト仮想マシンで使用する代替 XML ファイルを指定できます。たとえば、ゲストが保存された後にディスクスナップショットが取られたため、ベースとなるストレージでのファイル命名の違いを考慮するために使用できます。
  • --running - 保存イメージで記録された状態を上書きして、実行中の仮想マシンを起動します。
  • --paused - 保存イメージで記録された状態をオーバーライドし、ゲスト仮想マシンを一時停止として起動します。
  • --verbose - 保存の進捗状況を表示します。

例20.8 ゲスト仮想マシンの実行設定の保存方法

以下の例では、guest1 仮想マシンの実行設定を guest1-config.xml ファイルに保存します。
# virsh save guest1 guest1-config.xml --running

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。