D.2. インストールされているドキュメント

  • man virsh および /usr/share/doc/libvirt-version-number: virsh 仮想マシン管理ユーティリティーのサブコマンドおよびオプションが記載されているほか、libvirt 仮想化ライブラリー API に関して総合的に解説しています。
  • /usr/share/doc/gnome-applet-vm-version-number: ローカルで実行している仮想マシンを監視および管理する GNOME のグラフィカルパネルアプレットのドキュメントです。
  • /usr/share/doc/libvirt-python-version-number: libvirt ライブラリーの Python バインディングに関する詳細になります。libvirt-python パッケージを使用すると、Python の開発者は libvirt 仮想化管理ライブラリーとのインターフェースとなるプログラムを作成できます。
  • /usr/share/doc/virt-install-version-number: Fedora および Red Hat Enterprise Linux 関連のディストリビューションを仮想マシン内部にインストールするときに便利な virt-install コマンドに関するドキュメントです。
  • /usr/share/doc/virt-manager-version-number: 仮想マシンを管理するグラフィカルツールを提供する仮想マシンマネージャーに関するドキュメントです。
  • 注記

    その他の Red Hat Enterprise Linux コンポーネントに関する詳細は、該当する man ページまたは usr/share/doc/ のファイルを参照してください。