Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.10. ゲスト仮想マシンのシリアルコンソールの接続

virsh console domain [--devname devicename] [--force] [--safe] コマンドは、ゲスト仮想マシンの仮想シリアルコンソールを接続します。これは、VNC プロトコルまたは SPICE プロトコルを提供しない (つまりGUI ツール 用のビデオディスプレイを提供しない) ゲストや、ネットワークに接続されていない (そのため SSH を使用して対話できない) ゲストにとても役立ちます。
オプションの --devname パラメーターは、ゲスト仮想マシンに設定された代替コンソール、シリアル、またはパラレルデバイスのデバイスエイリアスを参照します。このパラメーターを省略すると、プライマリーコンソールが開きます。--safe オプションが指定されている場合、ドライバーが安全なコンソール処理に対応している場合にのみ接続を試みます。このオプションは、サーバーがコンソールデバイスへの排他アクセスを確保する必要があることを指定します。必要に応じて、force オプションを指定します。これは、接続が切断された場合など、既存のセッションの接続を解除するように要求します。

例20.19 コンソールモードでゲスト仮想マシンを起動する方法

以下の例では、作成済みのguest1 仮想マシンを起動し、セーフコンソール処理を使用してシリアルコンソールに接続します。
# virsh console guest1 --safe