Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.10. ゲスト仮想マシンのシリアルコンソールへの接続

virsh console domain [--devname devicename] [--force][--safe] コマンドは、ゲスト仮想マシンの仮想シリアルコンソールに接続します。これは、VNC プロトコルまたは SPICE プロトコルを提供しないゲスト (GUI ツール用のビデオディスプレイを提供しない)やネットワーク接続がない(SSH を使用して相互作用できない)など、非常に便利です。
オプションの --devname パラメーターは、ゲスト仮想マシンに設定された別のコンソール、シリアル、または並列デバイスのデバイスのエイリアスを指します。このパラメーターを省略すると、プライマリーコンソールが開きます。--safe オプションを指定すると、ドライバーは安全なコンソール処理に対応している場合に限り、接続が試行されます。このオプションは、サーバーがコンソールデバイスへの排他的なアクセスを許可するように指定します。必要に応じて、force オプションを指定できます。これにより、接続に壊れた場合など、既存のセッションへの接続が要求されます。

例20.19 コンソールモードでゲスト仮想マシンを起動する方法

以下の例では、以前に作成した guest1 仮想マシンを起動し、安全なコンソール処理を使用してシリアルコンソールに接続できるようにします。
# virsh console guest1
--safe

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。