Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.30. ストレージボリュームコマンド

本セクションでは、ストレージボリュームの作成、削除、および管理を行うコマンドを説明します。ストレージボリュームを作成するには、少なくとも 1 つのストレージプールが必要です。ストレージプールの作成方法の例は、例20.78「XML ファイルからストレージプールを作成する方法」 を参照してください。ストレージプールの詳細は、「ストレージプールの使用」 を参照してください。ストレージボリュームの詳細は、「ストレージボリュームの使用」 を参照してください。

20.30.1. ストレージボリュームの作成

virsh vol-create-from pool file vol コマンドは、別のボリュームを入力として使用してボリュームを作成します。このコマンドには、ストレージプール名またはストレージプール UUID のいずれかが必要で、次のパラメーターとオプションが必要です。
  • --pool string - 必須 - ストレージボリュームに割り当てるストレージプールまたはストレージプールの UUID の名前が含まれます。このストレージプールは、この新規ストレージボリュームのベースに使用するストレージボリュームに関連付けられたものと同じストレージプールである必要はありません。
  • --file string - 必須 - ストレージボリュームのパラメーターを含む XML ファイルの名前が含まれます。
  • --vol string - 必須 - この新しいストレージボリュームの基となるストレージボリュームの名前が含まれます。
  • --inputpool string - 任意 - 新しいストレージボリュームの入力として使用するストレージボリュームに関連付けられたストレージプールに名前を付けることができます。
  • --prealloc-metadata - 任意 - 新しいストレージボリュームに、(完全割り当てではなく qcow2 の) メタデータを事前に割り当てます。
例については、「ストレージボリュームの作成」 を参照してください。