Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.30. ストレージボリュームコマンド

このセクションでは、ストレージボリュームを作成し、削除し、管理するコマンドを説明します。ストレージボリュームの作成には、少なくとも 1 つのストレージプールが必要です。例20.78「XML ファイルからストレージプールを作成する方法」「ストレージボリュームの使用」

20.30.1. ストレージボリュームの作成

virsh vol-create-from プール ファイル vol コマンドは、別のボリュームを入力として使用し、ボリュームを作成します。このコマンドには、ストレージプールの名前またはストレージプール UUID が必要です。これを受け入れるには、以下のパラメーターおよびオプションが必要です。
  • --pool string - 必須 - ストレージプールの名前またはストレージプールの UUID がストレージボリュームに接続されているものが含まれます。このストレージプールは、この新しいストレージボリュームのベースに使用しているストレージボリュームに関連付けられているストレージプールである必要はありません。
  • --file string - 必須 - ストレージボリュームのパラメーターが含まれる XML ファイルの名前が含まれます。
  • --vol 文字列 - この新しいストレージボリュームのベースに使用するストレージボリュームの名前が含まれます。
  • --inputpool string - オプション: 新しいストレージボリュームの入力として使用しているストレージボリュームに関連付けられているストレージプールに名前を付けることができます。
  • --prealloc-metadata - オプション - 新しいストレージボリュームのメタデータ(フル割り当ての代わりに qcow2 用)を事前に割り当てます。

20.30.2. パラメーターからのストレージボリュームの作成

virsh vol-create-as pool name capacity コマンドは、一連の引数からボリュームを作成します。pool 引数には、ボリュームを作成するストレージプールの名前または UUID が含まれます。このコマンドは、以下の必須パラメーターおよびオプションを取ります。
  • [--pool] 文字列 - 必須 - 関連するストレージプールの名前が含まれます。
  • [--name] 文字列 - 必須 - 新しいストレージボリュームの名前が含まれます。
  • [--capacity] 文字列 - 必須 - 整数で表されるストレージボリュームのサイズが含まれます。指定がない場合はデフォルトでバイトになります。接尾辞 b、k、M、G、byte、キロバイト、ギガバイト、ギガバイト、およびテa バイトをそれぞれ使用します。
  • --allocation string - オプション: 整数で表される初回割り当てサイズを含みます。指定がない場合はデフォルトでバイトになります。
  • --format string - オプション: ファイル形式タイプが含まれます。使用できるタイプには、raw、bochs、qcow2、qed、host_device、および vmdk が含まれます。ただし、これらはファイルベースのストレージプールに対してのみ使用されることが意図されています。デフォルトでは、使用される qcow バージョンは、バージョン 3 です。「ターゲット要素の設定」
  • --backing-vol 文字列 - オプション: バッキングボリュームが含まれます。スナップショットを取得する場合に使用されます。
  • --backing-vol-format 文字列: オプション: バッキングボリュームの形式が含まれます。スナップショットを取得する場合に使用されます。
  • --prealloc-metadata - オプション - メタデータを事前に割り当てることができます(完全な割り当ての代わりに qcow2 用)。

例20.88 パラメーターのセットからストレージボリュームの作成方法

以下の例では、vol-new という名前の 100MB ストレージボリュームを作成します。で作成した vdisk 例20.78「XML ファイルからストレージプールを作成する方法」
# virsh vol-create-as vdisk vol-new 100M


vol vol-new created

20.30.3. XML ファイルからのストレージボリュームの作成

virsh vol-create pool file コマンドは、ストレージボリュームパラメーターが含まれる XML ファイルから新しいストレージボリュームを作成します。

例20.89 既存の XML ファイルからストレージボリュームを作成する方法

以下の例では、以下のように、vol-new.xml ファイルに基づいてストレージボリュームを作成します
<volume>
	<name>vol-new</name>
	<allocation>0</allocation>
	<capacity unit="M">100</capacity>
	<target>
		<path>/var/lib/libvirt/images/vol-new</path>
		<permissions>
			<owner>107</owner>
			<group>107</group>
            		<mode>0744</mode>
            		<label>virt_image_t</label>
          	</permissions>
        </target>
</volume>

ストレージボリュームは、ストレージプール vdisk に関連付けられます。イメージへのパスは /var/lib/libvirt/images/vol-new です。
# virsh vol-create vdisk vol-new.xml

vol vol-new created

20.30.4. ストレージボリュームのクローン作成

virsh vol-clone vol-name new-vol-name コマンドは、既存のストレージボリュームのクローンを作成します。virsh vol-create-from コマンドも使用できますが、ストレージボリュームのクローンとして推奨される方法ではありません。このコマンドは、--pool 文字列オプションを受け入れます。これにより、新しいストレージボリュームに関連付けられたストレージプールを指定できます。vol 引数は、ソースストレージボリュームの名前またはキーまたはパスであり、name の引数は新規ストレージボリュームの名前を参照します。「virsh でストレージボリュームの作成」

例20.90 ストレージボリュームのクローン作成方法

以下の例では、vol-new という名前のストレージボリュームを、vol- clone という名前の新規ボリュームにクローンします。
# virsh vol-clone vol-new vol-clone


vol vol-clone cloned from vol-new