17.2. ブリッジモード

ブリッジモード の使用時には、すべてのゲスト仮想マシンがホスト物理マシンとして同一サブネット内に表示されます。同一の物理ネットワーク上にある他の物理マシンはこれらの仮想マシンを認識し、仮想マシンにアクセス可能です。ブリッジングは、OSI ネットワークモデルの第 2 層で動作します。
ブリッジモードの仮想ネットワークスイッチ

図17.2 ブリッジモードの仮想ネットワークスイッチ

複数の物理インターフェースは ボンド で結合し、ハイパーバイザー上で使用することが可能です。このボンドはブリッジに追加され、ゲスト仮想マシンもブリッジに追加されます。ただし、ボンディングドライバーにはいくつかの操作モードがあり、このなかで仮想ゲストマシンが使用されているブリッジと機能するものは、2、3 しかありません。

警告

ブリッジモードを使う場合、ゲスト仮想マシンと使用すべきボンディングモードは、Mode 1、Mode 2、および Mode 4 のみです。Modes 0、3、5、または 6 を使用すると、接続が切断される可能性があります。また、アドレス解決プロトコル (ARP) による監視は機能しないので、ボンディングモードの監視にはメディア非依存インタフェース (MII) による監視を使用してください。
ボンディングモードに関する詳細情報は、関連するナレッジベースの記事 か『Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイド』を参照してください。
ブリッジネットワークモードを設定するのに使われる bridge_opts パラメーターの詳細の説明については、『Red Hat Virtualization 管理ガイド』を参照してください。