Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

17.2. ブリッジモード

ブリッジ モードを使用すると、すべてのゲスト仮想マシンがホストの物理マシンと同じサブネットに表示されます。同じ物理ネットワークにあるその他のすべての物理マシンは、仮想マシンを認識し、仮想マシンにアクセスできます。ブリッジングは、OSI ネットワークモデルのレイヤー 2 で動作します。

図17.2 ブリッジモードの仮想ネットワークスイッチ

ブリッジモードの仮想ネットワークスイッチ
ハイパーバイザーで複数の物理インターフェースを使用する場合は、ボンドで複数のインターフェースを結合します。ボンドがブリッジに追加され、ゲスト仮想マシンもブリッジに追加されます。ただし、ボンディングドライバーにはいくつかの動作モードがあり、これらのモードの一部は、ゲスト仮想マシンを使用しているブリッジで機能します。
警告
ブリッジモードを使用する場合、ゲスト仮想マシンで使用するボンディングモードは、モード 1、モード 2、およびモード 4 のみになります。モード 0、3、5、または 6 を使用すると、接続が失敗する可能性が高くなります。また、アドレス解決プロトコル(ARP)の監視が機能しないため、MII(Media-Independent Interface)監視を使用してボンディングモードを監視する必要があります。
ブリッジネットワークモードの設定に使用される bridge_opts パラメーターの詳細な説明は、『Red Hat Virtualization 管理ガイド』を参照してください

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。