21.2. 用語について

このセクションでは、本章で使用されている用語について説明します。
  • libguestfs (GUEST FileSystem LIBrary) は基礎となる C ライブラリーです。ディスクイメージを開く場合やファイルの読み込みや書き込みを行う場合などに基本的な機能を提供します。この API に対して直接 C プログラムを記述することができます。
  • guestfish (GUEST Filesystem Interactive SHell) はインテラクティブなシェルです。コマンドラインまたはシェルスクリプトで使用することができます。libguestfs API のすべての機能を公開します。
  • libguestfs の上部に各種の virt ツールがビルドされており、これらはコマンドラインから特定の単一タスクを実行するための手段になります。ツールには virt-dfvirt-rescuevirt-resize および virt-edit などがあります。
  • augeas は、Linux 設定ファイルを編集するためのライブラリーです。これは libguestfs とは別のライブラリーですが、libguestfs の値の多くはこのツールの組み合わせから来ています。
  • guestmount は、libguestfs と FUSE をつなぐインターフェースになります。これは、ホスト物理マシン上のディスクイメージからファイルシステムをマウントするために主に使用されます。この機能は必須ではありませんが、便利な機能になります。