Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.18. SR-IOV のトラブルシューティング

本項では、SR-IOV に影響を与える可能性のある問題の解決策について説明します。追加のヘルプが必要な場合は 「SR-IOV 仮想機能のプールから PCI デバイス割り当ての設定」
ゲストの起動中にエラーが発生しました
設定された仮想マシンを起動すると、以下のようなエラーが発生します。
# virsh start test
error: Failed to start domain test
error: Requested operation is not valid: PCI device 0000:03:10.1 is in use by domain rhel7
このエラーは、別のゲストまたはホスト自体にすでに割り当てられているデバイスが原因で発生します。
ゲストの移行、保存またはダンプ時のエラー
仮想マシンの移行およびダンプを試みると、以下のようなエラーが発生します。
# virsh dump rhel7/tmp/rhel7.dump

error: Failed to core dump domain rhel7 to /tmp/rhel7.dump
error: internal error: unable to execute QEMU command 'migrate': State blocked by non-migratable device '0000:00:03.0/vfio-pci'
デバイスの割り当ては、仮想マシンが起動している特定のホストでハードウェアを使用するため、デバイスの割り当てが使用中の場合にゲストの移行と保存はサポートされません。現在、同じ制限がゲストのコアダンプにも適用されます。これは今後変更される可能性があります。--memory-only オプションが指定されない限り、QEMU は現在移行、保存、およびダンプ操作は、PCI デバイスがアタッチされているゲスト仮想マシンにあることに注意してください。現在、USB デバイスを使用したこれらのアクションのみに対応します。現在、将来の機能を改善するために行われます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。