Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.4. イメージのマッピング

qemu-img map コマンドを使用すると、指定したイメージファイル (imgname) のメタデータと、そのバッキングファイルチェーンをダンプできます。ダンプは、(imgname) 内のすべてのセクターの割り当て状態を示し、最上位のファイルをバッキングファイルチェーンで割り当てています。必要に応じて、ファイル形式タイプ (fmt) を指定します。
 # qemu-img map [-f fmt] [--output=fmt] imgname
出力形式には、human 形式と json 形式の 2 つがあります。

14.4.1. human 形式

デフォルト形式 (human) は、ゼロ以外で割り当てられたファイル部分のみをダンプします。この出力により、データの読み取り元となるファイルと、ファイル内のオフセットが識別されます。各行には、4 つのフィールドが含まれます。以下は、出力の例になります。
Offset          Length          Mapped to       File
0               0x20000         0x50000         /tmp/overlay.qcow2
0x100000        0x10000         0x95380000      /tmp/backing.qcow2
最初の行は、イメージのオフセット 0 から始まる 0x20000 (131072) バイトが、オフセット 0x50000 (327680) から始まる tmp/overlay.qcow2 (raw 形式で開かれた) で利用可能であることを示しています。圧縮、暗号化、または raw 形式で利用できないデータは、human 形式が指定されているとエラーを発生させます。
注記
ファイル名には改行文字を使用できます。そのため、スクリプトでhuman 形式の出力を解析しても安全ではありません。