Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.4. イメージのマッピング

qemu-img map コマンドを使用すると、指定されたイメージファイル(imgname)およびそのバッキングファイルチェーンのメタデータをダンプできます。ダンプには、バッキングファイルチェーンでこれを割り当てる最上部にあるimgname(左端の)セクターの割り当て状態が表示されます。オプションで、ファイルのフォーマットタイプ(fmt)を指定します。
 # qemu-img map [-f fmt] [--output=fmt] imgname
出力形式、人間の形式、および json 形式には、以下の 2 つの出力形式があります。

14.4.1. ヒューマンフォーマット

デフォルトの形式(人間)は、ファイルに割り当てられた部分がゼロ以外の部分のみをダンプします。出力では、データを読み取れるファイルと、ファイル内のオフセットが識別されます。各行には 4 つのフィールドが含まれます。以下は、出力例です。
Offset          Length          Mapped to       File
0               0x20000         0x50000         /tmp/overlay.qcow2
0x100000        0x10000         0x95380000      /tmp/backing.qcow2
最初の行は、オフセット 0x50000 (327680)から始まる、イメージのオフセット 0 から 0x20000 (131072)バイトが tmp/overlay.qcow2 (raw 形式で開いた)で利用できます。圧縮、暗号化、または raw 形式で利用できないデータでは、人間の形式が指定されている場合にエラーが発生します
注記
ファイル名には、改行文字を追加できます。したがって、スクリプトの人間形式で出力を解析することは危険です

14.4.2. json 形式

json オプションが指定されている場合、出力は JSON 形式のディクショナリーの配列を返します。ヒューマンオプションで提供される情報のほかに、出力には以下の情報が含まれます。
  • data - セクターにデータが含まれているかどうかを示すブール値フィールド
  • zero - データがゼロとして読み取られるかどうかを示すブール値フィールド
  • depth - バッキングファイルの深さ filename
注記
json オプションを指定すると、offset フィールドは任意です。
qemu-img map コマンドと追加オプションの詳細については、関連する man ページを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。