8.2. Red Hat Enterprise Linux ゲストで必要な時刻管理パラメーター

一部の Red Hat Enterprise Linux ゲスト仮想マシンでは、システムの時刻を正しく同期させるために追加のカーネルパラメーターが必要です。これらのパラメーターをゲスト仮想マシンにある /etc/grub2.cfg ファイルの /kernel 行の末尾に追加して設定します。

注記

Red Hat Enterprise Linux 5.5 以降、Red Hat Enterprise Linux 6.0 以降、および Red Hat Enterprise Linux 7 は、デフォルトのクロックソースに kvm-clock を使用します。kvm-clock を実行すると追加のカーネルパラメーターが必要なくなるので、Red Hat ではこれを推奨しています。
以下の表は、Red Hat Enterprise Linux のバージョンと各システムで必要となるパラメーターを表示しています。

表8.1 カーネルパラメーターの要件

Red Hat Enterprise Linux バージョンゲストの追加カーネルパラメーター
AMD64 および Intel 64 システム上の 7.0 およびそれ以降 (kvm-clock を実行)追加のパラメーターは必要ありません
AMD64 および Intel 64 システム上の 6.1 およびそれ以降 (kvm-clock を実行)追加のパラメーターは必要ありません
AMD64 および Intel 64 システム上の 6.0 (kvm-clock を実行)追加のパラメーターは必要ありません
AMD64 および Intel 64 システム上の 6.0 (kvm-clock を実行せず)notsc lpj=n

注記

lpj パラメーターは、ゲスト仮想マシンが稼働する特定の CPU の loops per jiffy 値と同じ値を必要とします。この値が不明な場合は、lpj パラメーターを設定しないでください。