10.4. virt-who の手動インストール

このセクションでは、ハイパーバイザーが提供するサブスクリプションを手動でアタッチする方法について説明します。

手順10.2 サブスクリプションを手動でアタッチする方法

  1. サブスクリプション情報を一覧表示し、プール ID を見つけます。

    まず、仮想タイプの利用可能なサブスクリプションを一覧表示する必要があります。以下のコマンドを入力します。
    [root@server1 ~]# subscription-manager list --avail --match-installed | grep 'Virtual' -B12
    Subscription Name: Red Hat Enterprise Linux ES (Basic for Virtualization)
    Provides:          Red Hat Beta
                       Oracle Java (for RHEL Server)
                       Red Hat Enterprise Linux Server
    SKU:               -------
    Pool ID:           XYZ123
    Available:         40
    Suggested:         1
    Service Level:     Basic
    Service Type:      L1-L3
    Multi-Entitlement: No
    Ends:              01/02/2017
    System Type:       Virtual
    表示されるプール ID に注目してください。この ID は次のステップで必要になるのでコピーしておいてください。
  2. プール ID を選択してサブスクリプションをアタッチします。

    直前のステップでコピーしておいたプール ID を使用して、attach コマンドを実行します。Pool ID XYZ123 を取得したプール ID に置き換えます。ターミナルで以下のコマンドを入力します。
    [root@server1 ~]# subscription-manager attach --pool=XYZ123
    
    Successfully attached a subscription for: Red Hat Enterprise Linux ES (Basic for Virtualization)