Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.9. BIOS での Intel VT-x および AMD-V Virtualization ハードウェア拡張の有効化

注記
専門知識を深めるには、Red Hat Virtualization (RH318) のトレーニングコースの受講をお勧めします。
本セクションでは、ハードウェア仮想化拡張機能を識別し、無効になっている場合に、その拡張機能を BIOS で有効にする方法を説明します。
Intel VT-x 拡張機能は、BIOS で無効にできます。特定のラップトップベンダーは、CPU で Intel VT-x 拡張機能をデフォルトで無効にしています。
AMD-V の BIOS では、仮想化拡張機能を無効にできません。
無効にした仮想化拡張機能を有効にする手順は、次のセクションを参照してください。
BIOS で、仮想化拡張機能が有効になっていることを確認します。Intel VT または AMD-V の BIOS 設定は、通常 Chipset メニューまたは Processor メニューにあります。メニュー名は、このガイドとは異なる場合があります。仮想化拡張機能の設定は、Security Settings や、他の非標準のメニュー名などに記載されている場合があります。

手順A.3 BIOS での仮想化拡張機能の有効化

  1. コンピューターを再起動し、システムの BIOS メニューを開きます。通常、これは delete キー、F1 キー、または Alt キーと F4 キーを押して実行できます。
  2. BIOS での仮想化拡張機能の有効化

    注記
    以下の手順の多くは、使用しているマザーボード、プロセッサーのタイプ、チップセット、および OEM により異なる場合があります。システムの設定に関する正しい情報は、システムに付属のドキュメントを参照してください。
    1. Processor サブメニューを開きます。プロセッサー設定メニューは、ChipsetChipset、または Northbridge で非表示にすることができます。
    2. Intel Virtualization Technology を有効にします (Intel VT-x としても知られています)。AMD-V 拡張機能は、BIOS では無効にできないため、事前に有効にしておく必要があります。仮想化拡張機能は、OEM やシステム BIOS によっては、Virtualization ExtensionsVanderpool、またはその他の名前にラベルが付けられている場合があります。
    3. オプションが利用できる場合は、Intel VT-d または AMD IOMMU を有効にします。PCI デバイスの割り当てには、Intel VT-d および AMD IOMMU を使用します。
    4. Save & Exitを選択します。
  3. マシンを再起動します。
  4. マシンが起動したら、grep -E "vmx|svm" /proc/cpuinfo を実行します。--color の指定は任意ですが、検索語を強調表示する場合に便利です。コマンドが出力すると、仮想化拡張機能が有効になります。出力がない場合は、システムの仮想化拡張機能や、正しい BIOS 設定が有効になっていない可能性があります。