Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.2. ダンプファイルの作成

ゲスト仮想マシンのコアのダンプをファイルに要求できるため、crashユーティリティー などにより仮想マシンのエラーを診断できます。
警告
Red Hat Enterprise Linux 7.5 以降では、Kernel Address Space Randomization (KASLR) 機能により、ゲストダンプファイルが crash で読み込みできなくなります。これを修正するには、ゲストの XML 設定ファイルの <features> セクションに <vmcoreinfo/> 要素を追加します。
宛先のホストが <vmcoreinfo/> をサポートしない OS を使用している場合は、<vmcoreinfo/> を使用したゲストの 移行 に失敗する点に留意してください。これには、Red Hat Enterprise Linux 7.4 以前のバージョンと、Red Hat Enterprise Linux 6.9 以前のバージョンが該当します。

A.2.1. virsh ダンプファイルの作成

virsh dump コマンドを実行すると、ゲスト仮想マシンのコアをファイルにダンプする要求が送信され、仮想マシンのエラーを診断できます。このコマンドを実行すると、引数 corefilepath で指定したファイルおよびパスに対する適切なパーミッションを手動で確認する必要があります。virsh dump コマンドは、コアダンプ (または crash ユーティリティー) と似ています。
詳細は、Creating a Dump File of a Guest Virtual Machine's Core を参照してください。