Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.12. KVM ネットワークパフォーマンス

デフォルトでは、KVM 仮想マシンには、仮想 Realtek 8139(rtl8139)NIC(ネットワークインターフェースコントローラー)が割り当てられます。
ほとんどの環境で rtl8139 仮想化 NIC は正常に機能しますが、このデバイスは、10 Gigabit イーサネットなど、一部のネットワークにおけるパフォーマンスの低下の問題から生じる可能性があります。
パフォーマンスを向上させるために、準仮想化ネットワークドライバーに切り替えることができます。
注記
仮想化 Intel PRO/1000(e1000)ドライバーも、エミュレートされたドライバーの選択としてサポートされていることに注意してください。e1000 ドライバーを使用するには、以下の手順の virtioe1000 に置き換えます。最適なパフォーマンスを得るには、virtio ドライバーを使用することを推奨します。

手順A.6 virtio ドライバーへの切り替え

  1. ゲストオペレーティングシステムをシャットダウンします。
  2. virsh コマンドでゲストの設定ファイルを編集します( GUEST はゲストの名前に置き換えます)。
    # virsh edit GUEST
    virsh edit コマンドは $EDITOR shell 変数を使用して、使用するエディターを決定します。
  3. 設定のネットワークインターフェースセクションを見つけます。このセクションは、以下のスニペットのようになります。
    <interface type='network'>
      [output truncated]
      <model type='rtl8139' />
    </interface>
    
  4. モデル要素の type 属性を 'rtl8139' から 'virtio' に変更します。これにより、rtl8139 ドライバーから virtio ドライバーにドライバーが変更されます。
    <interface type='network'>
      [output truncated]
      <model type='virtio' />
    </interface>
    
  5. 変更を保存し、テキストエディターを終了します。
  6. ゲストのオペレーティングシステムを再開します。

他のネットワークドライバーを使用した新規ゲストの作成

また、新規ゲストを別のネットワークドライバーを使用して作成することができます。これは、ネットワーク接続経由でゲストをインストールするのが困難な場合に必要となる可能性があります。この方法を使用するには、テンプレートとして使用するゲストを 1 つ以上作成して(CD または DVD からインストールされる可能性があります)必要があります。

  1. 既存のゲスト(この例では guest1)から XML テンプレートを作成します
    # virsh dumpxml Guest1 > /tmp/guest-template.xml
  2. XML ファイルをコピーし、編集し、一意のフィールド(仮想マシン名、UUID、ディスクイメージ、MAC アドレス、およびその他の一意のパラメーター)を更新します。UUID、MAC アドレスの行を削除でき、virsh は UUID および MAC アドレスを生成することに注意してください。
    # cp /tmp/guest-template.xml /tmp/new-guest.xml
    # vi /tmp/new-guest.xml
    ネットワークインターフェースセクションに model 行を追加します。
     <interface type='network'>
      [output truncated]
      <model type='virtio' />
    </interface>
    
  3. 新規の仮想マシンを作成します。
    # virsh define /tmp/new-guest.xml
    # virsh start new-guest

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。