Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.8. メモリーの割り当て

ゲスト仮想マシンがクラッシュした場合に、オプションの属性dumpCore を使用して、ゲスト仮想マシンのメモリーを、生成されるコアダンプ (dumpCore='on') に含めるか (dumpCore='off') 含まないかを制御できます。デフォルト設定は on であるため、このパラメーターが off に設定されていない場合は、ゲスト仮想マシンのメモリーがコアダンプファイルに含まれます。
<maxMemory> 要素は、ゲストのランタイムメモリーの最大割り当てを決定します。slots 属性は、ゲストにメモリーを追加するために使用できるスロットの数を指定します。
<memory> 要素は、システムの起動時にゲストに割り当てられるメモリーの上限を指定します。また、NUMA セルサイズ設定を使用して設定することもできます。また、メモリーをホットプラグして、maxMemory で指定された制限に増やすこともできます。
<currentMemory> 要素は、ゲスト仮想マシンの実際のメモリー割り当てを決定します。この値は、ゲスト仮想マシンのメモリーを必要に応じてバルーンできるように、最大割り当て (<memory> で設定) より小さく設定できます。省略した場合は、<memory> 要素と同じ値がデフォルトになります。unit 属性の動作は、メモリーと同じです。

図23.10 メモリーユニット


<domain>
  <maxMemory slots='16' unit='KiB'>1524288</maxMemory>
  <memory unit='KiB' dumpCore='off'>524288</memory>
  <!-- changes the memory unit to KiB and does not allow the guest virtual machine's memory to be included in the generated core dumpfile -->
  <currentMemory unit='KiB'>524288</currentMemory>
  <!-- makes the current memory unit 524288 KiB -->
  ...
</domain>