23.8. メモリーの割り当て

ゲスト仮想マシンがクラッシュする場合、オプションの属性 dumpCore を使用して、ゲスト仮想マシンのメモリーを生成されるコアダンプに含めるか (dumpCore='on') か、または含めないか (dumpCore='off') を制御できます。デフォルト設定は on になります。つまり、パラメーターが off に設定されていない限り、ゲスト仮想マシンのメモリーはコアダンプに含まれることになります。
<maxMemory> 要素は、ゲストのランタイムの最大メモリー割り当てを決定します。slots 属性は、ゲストにメモリーを追加するために利用可能なスロットの数を指定します。
<memory> は、ブート時におけるゲストの最大メモリー割り当てを指定します。また、NUMA のセルサイズ設定を使用して設定することもでき、メモリーのホットプラグで maxMemory が指定する制限まで増やすことができます。
<currentMemory> 要素は、ゲスト仮想マシンの実際のメモリー割り当てを決定します。ゲスト仮想マシンのメモリーバルーニングを随時許可するには、この値を最大割り当て値 (<memory> によって設定された) よりも小さくすることができます。この設定を省略すると、デフォルトは <memory> 要素と同じ値になります。unit 属性はメモリーの場合と同様に動作します。

<domain>
  <maxMemory slots='16' unit='KiB'>1524288</maxMemory>
  <memory unit='KiB' dumpCore='off'>524288</memory>
  <!-- changes the memory unit to KiB and does not allow the guest virtual machine's memory to be included in the generated core dumpfile -->
  <currentMemory unit='KiB'>524288</currentMemory>
  <!-- makes the current memory unit 524288 KiB -->
  ...
</domain>

図23.10 メモリー単位