Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.29. ストレージプールコマンド

libvirt を使用すると、仮想マシン内のデバイスとして表示されるストレージボリュームを提供するために使用されるファイル、raw パーティション、ドメイン固有の形式など、さまざまなストレージソリューションを管理できます。詳細は、libvirt アップストリームページ を参照してください。ストレージプールを管理するコマンドの多くは、ゲスト仮想マシンに使用されるコマンドと似ています。

20.29.1. ストレージプール XML の検索

virsh find-storage-pool-sources type コマンドは、検出された 1 つのソースのすべてのストレージプールを説明する XML を表示します。タイプには、netfs、disk、dir、fs、iscsi、logical、および gluster が含まれます。すべてのタイプがストレージバックエンドドライバーに対応しており、さらに多くのタイプが利用可能であることに注意してください(詳細については、manページを参照してください)。--srcSpec を使用してテンプレートソースの XML ファイルを提供することで、プールのクエリーをさらに制限することもできます。

例20.71 利用可能なストレージプールの XML 設定の一覧を表示する方法

以下の例では、システムで利用可能なすべての論理ストレージプールの XML 設定を出力します。
# virsh find-storage-pool-sources logical
<sources>
  <source>
    <device path='/dev/mapper/luks-7a6bfc59-e7ed-4666-a2ed-6dcbff287149'/>
    <name>RHEL_dhcp-2-157</name>
    <format type='lvm2'/>
  </source>
</sources>