17.7. デフォルト設定

libvirtd デーモン (libvirtd) の初回インストール時には、NAT モードの仮想ネットワークスイッチ初期設定が含まれます。この設定を使用すると、インストールしているゲストがホスト物理マシンを経由して外部ネットワークと通信できるようになります。以下の図は、この libvirtd のデフォルト設定を表しています。
libvirt のデフォルトネットワーク設定

図17.7 libvirt のデフォルトネットワーク設定

注記

仮想ネットワークを特定の物理インターフェースに制限することができます。これは、複数のインタフェース (eth0eth1eth2 など) を持つ物理システムの場合に役立ちます。また、ルーティングモードおよび NAT モードの場合にのみ役立ち、dev=<interface> オプションで指定できます。また、新しい仮想ネットワークを作成する際に virt-manager で指定することもできます。