5.3. ネットワークインターフェースデバイスでの KVM virtio ドライバーの使用

ネットワークインターフェースが KVM virtio ドライバーを使用する場合、KVM はネットワークハードウェアをエミュレートしないため、処理のオーバーヘッドが発生せず、ゲストのパフォーマンスを向上することができます。Red Hat Enterprise Linux 7 では、virtio はデフォルトのネットワークインターフェースタイプとして使用されますが、ご使用のシステムで virtio の設定が異なる場合は以下の手順を使用できます。
  • ゲストに virtio ネットワークデバイスを割り当てる 場合は、virsh attach-interface コマンドで model --virtio オプションを使用します。
    この代わりに、virt-manager インターフェースでゲストの 仮想ハードウェアの詳細 画面に移動し、ハードウェアを追加 をクリックすることもできます。新しい仮想ハードウェアを追加 画面で ネットワーク を選択し、デバイスのモデルvirtio に変更します。
  • 既存のインターフェースの種類を virtio に変更するには、virsh edit コマンドを使用して目的のゲストの XML 設定を編集し、model type 属性を virtio に変更します。例を以下に示します。
      <devices>
        <interface type='network'>
          <source network='default'/>
          <target dev='vnet1'/>
          <model type='virtio'/>
          <driver name='vhost' txmode='iothread' ioeventfd='on' event_idx='off'/>
        </interface>
      </devices>
      ...
    この代わりに、virt-manager インターフェースでゲストの 仮想ハードウェアの詳細 画面に移動し、NIC を選択した後、デバイスのモデルvirtio に変更します。

注記

再起動後にゲスト内のネットワークインターフェースの名前が一貫していない場合は、ゲストに提供されたすべてのインターフェースが同じデバイスモデル (virtio-net を推奨) であるようにしてください。詳細は Red Hat ナレッジベース を参照してください。