Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.3. ネットワークインターフェースデバイスへの KVM virtio ドライバーの使用

ネットワークインターフェースが KVM virtio ドライバーを使用する場合、KVM は、処理のオーバーヘッドを削除し、ゲストのパフォーマンスを増大させるネットワークハードウェアをエミュレートしません。Red Hat Enterprise Linux 7 では、virtio がデフォルトのネットワークインターフェース種別として使用されます。ただし、システムでこの設定が異なる場合は、以下の手順を使用できます。
  • virtio ネットワークデバイスをゲストに割り当てるには 、virsh attach-interface コマンドに model --virtio オプションを使用します。
    または、virt-manager インターフェースで、ゲストの仮想ハードウェアの詳細画面に移動し、ハードウェア の追加 をクリックします。Add New Virtual Hardware 画面で Network を選択し、デバイスモデルvirtio に変更します。
  • 既存のインターフェースの種類を virtio に変更するには 、virsh edit コマンドを使用して、目的のゲストの XML 設定を編集し、モデルタイプ属性を virtio に変更します。以下に例を示します。
      <devices>
        <interface type='network'>
          <source network='default'/>
          <target dev='vnet1'/>
          <model type='virtio'/>
          <driver name='vhost' txmode='iothread' ioeventfd='on' event_idx='off'/>
        </interface>
      </devices>
      ...
    または、virt-manager インターフェースで、ゲストの仮想ハードウェア情報画面に移動し、NIC 項目を選択し 、Device modelvirtio に変更します。
注記
ゲスト内のネットワークインターフェースの命名の一貫性が保たれていない場合は、ゲストに提示されるすべてのインターフェースが同じデバイスモデルの一部 (virtio-net )となるようにしてください。詳細は、Red Hat ナレッジベース を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。